韓国文化体育観光部長官「日本は軍艦島のことで許しをこうべきだ」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

またもや韓国の政府機関「文化体育観光部」の長官が、「日本は約束をやぶった」「日本は許しを請うべきだ」などと話しました。29日、韓国のプレスセンターで「韓日関係国際フォーラム・ユネスコ世界遺産と国際社会の信頼」というオンライン・フォーラムがありました。題からしてバレバレですが、端島(軍艦島)のことで日本を非難するために、「国際フォーラム」という名で開かれたイベントです。

後述しますがフォーラムそのものには興味が無いし、目新しさもない(≒ブログネタにもならない)ので、韓国文化体育観光部パク・ヤンウ長官の記念演説内容を紹介します。以下、ひさしぶりにニューシースからの部分引用です。

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

<パク・ヤンウ文化体育観光部長官が29日、日本の産業遺産情報センターと関連した軍艦島歴史歪曲論議について「日本が軍艦島強制労働の真実を隠し続けるなら、そればユネスコの世界遺産指定の精神と趣旨を否定、毀損することである」とし、態度の変化を促した・・

・・東京の産業遺産情報センターと関連して「日本はユネスコの世界遺産委員会の加盟国に公然とした約束を捨て、国際社会の信頼を見捨てた」とし「歴史的事実を歪曲して犠牲者に再び傷を与えている」と批判した・・

・・パク長官は「まともな歴史は、正直な態度をもって完成されるものだ。日本は産業革命の正しい意味だけでなく、犠牲者の苦しい歴史も一緒に保持しなければならない」とし「日本には、自国の恥ずかしい歴史と被害国の苦痛を認めて、許しを請う勇気を出してほしい」と促した。この日のフォーラムに参加した発表者と討論者たちも、日本の約束の履行が必要であると発言した・・(ソース記事:ニューシース、外部リンクにご注意を)>

 

 

ちなみにこのパク・ヤンウ長官、25日にも似たような発言をしました。あのときにも「アジア各国と連帯する」とか言ってましたが、どうやら「世界中の人たちが、日本が悪いと言っている」作戦を展開しているようです。実は「世界中から韓国に呼ばれた特定の人たちが、日本が悪いと言っている」ですけど。

以下、記事内容に限ってのことではありますが、フォーラムで、日本を含めていくつかの国から何人かが発表した(オンラインで)ものの、題は「世界遺産と国際社会の信頼」なのに、内容は全部「端島」関連です。しかも、日本側を擁護する発言は1つもありませんでした。強制労働がどうとか、日本が約束を破ったとか、そんなものだけです。そんなにテーマを日本に絞りたいなら題を日韓関係に絞ったり、日本の立場を説明する人も呼ぶのが普通でしょうに。フォーラムではなく、反日同好会のようなものだったのでしょう。

しかし、長官自らここまで騒ぐとは・・文在寅大統領から何か言われたのでしょうか。「私は『日本に手を差し伸べる』と言わないといけないから、あとはよろしく」とか。文大統領は今までも、慰安婦問題でカン・ギョンファ長官に『言わせ』てその後ろに隠れたり、米軍問題でムン・ジョンイン特別補佐官に『言わせ』てその後ろに隠れたり、してきました。

 

 

 

拙著のご紹介

以下、拙著のリンクはアマゾン(アフィ)リンクとなります。リンク先でDL版(電子書籍)も選択できます。


・現在、最新刊は<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論(2020年5月31日)>です。私なりの『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。他のシンシアリーの拙著については、リンク先の内容紹介、または本ブログの書籍紹介ページをご覧ください。ニューコリアは、私の書いた本ではありませんが、ブログを立ち上げるきっかけになった本です。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (135)

“韓国文化体育観光部長官「日本は軍艦島のことで許しをこうべきだ」” への150件の返信

  1. 根拠は映画『軍艦島』なのでしょう。何しろ韓国では映画は文化的証拠だそうですから。
    文在寅の狡猾さでしょうね。自分はいい人を演じたい。だから政策の失敗を続けていても支持率が40%台もあるのでしょう。犬豚は今餌を食べれば満足なんですから。

  2. >「日本は軍艦島のことで許しをこうべきだ」

    具体的かつ効果的な案もなく
    韓国国民の受けのいいことを叫んでいるだけか。。。
    相手にしようが無いね

  3. 松坂慶子の父親の本で軍艦島から泳いで逃げたとあった。韓国がこだわってるのはそういう話。
    しかし陸地までは距離がありすぎて泳いでは渡れない。
    松坂慶子はこのお父さんが訪ねて行っても会うことを拒んでいたそうだ。本の終盤はそのことへの恨み節だったと記憶する。
    拒む理由が分かる気がする。

  4. 『軍艦島の真実』というサイトに端島(軍艦島)の元島民の証言映像、韓国側への反論映像などがアップされているのを少し前に視聴しました。
    在日韓国人の元島民の方もいたりして、その証言など大変興味深いものでした。
    ※韓国への反論ばかりではなく、島民の生活など多岐に亘ります。
    端島は地獄島だという韓国側への反論の柱は「石炭を少しでも多く採掘することが最も重要なことなのに、朝鮮人をいじめたりすればその目的が達成できなくなる」だったと自分は理解しました。以下のような感じです。
    ※引用ではなく、私が証言を要約しました。
    「朝鮮人を鞭打ちなんかしている暇があるのなら、石炭を掘らせるだろう。なぜそんな無駄なことをするのか理解不能だ(在日韓国人の元島民の証言でした)」
    「炭坑内では上から落ちてくる粉塵なんかも鋭利なので裸では危険。上半身裸で作業なんかさせるわけがない」
    「炭鉱作業はチームワークが大切。朝鮮人を虐待なんかしたら協力関係を築けなくなる。そんなことをするはずがない」
    日本人が相手ならこのような説明で納得できると思います。
    朝鮮人をこの理屈で納得させるのは無理でしょう。
    朝鮮人は虐待そのものを目的(娯楽)と考えている。つまり、虐待に合理的な理由は必要ないので、合理性がないなどと主張しても無意味でしょう。ですが、元島民の方には虐待が娯楽という考え方が理解の一億光年先にあるので、証言がそこまで突っ込んだものにはなりません。
    さらに、もっと肝腎なことはそもそも朝鮮人は和解も事実も求めてはいないということでしょう。
    朝鮮人の主張は端島で日本人は朝鮮人から搾取し、朝鮮人を虐待したというものですが、虐待と搾取はこの場合はとうてい相容れないと思いますがね。

    サイト『軍艦島の真実』内にあった映像の中で思わず笑ってしまったエピソードがあります。
    韓国側の主張「端島には監視塔があって、空襲のない夜はサーチライトで海を照らして島から逃げようとする朝鮮人がいないか監視していた。逃げる者がいればモーターボートで追いかけた」
    (空襲のない夜というのが事前にわかるものなのか疑問でしたが、そこはさておき)ほとんどの元島民は監視塔なんてなかったし、モーターボートもなかったと証言していました。ですが、モーターボートは確かにあったと証言している方がいました。聞き取り調査をしていた方がその元島民に質問します。
    「そのモーターボートは島から逃げる朝鮮人を追いかけるのに使われたのですか」
    「いえ、釣りです」
    この方の記憶では島に一艘だけモータボートがあったそうです。炭鉱長個人の所有物で、炭鉱長は海に出てたまに釣りを楽しんでいたそうです。個人の所有物なので、それを使って朝鮮人を追いかけるなんてことはありえないとのことでした。
    個人の所有物だからありえないという理屈も日本人なら納得できるところですが、公私の区別があいまいな朝鮮人はそんなことは理由にならないと考えるような気がします。

  5. 日本政府が報復するしないに関わらず、
    日本人のひとりひとりも、韓国経済に対してできる事はある。
    日本政府に頼らなくても良い。

    韓国と名の付くものは、買わない・聞かない・視聴しない・関わらない。
    日本人の多くが、会社内や個人で行動を起こせば、大きな力となる。

    他力本願ではなく、自分で行動しよう。

  6. 昨日の「七誌祭り」は、賑やかでしたね。

    問題点は、一つだけなのです。
    「七誌さんが、【日本の企業が輸入者(支払い側)である場合】と言い切ってしまった点、つまり【日本の銀行は韓国企業の保証人(つまり信用状発行人)になんかならない】と言い張ってるところ」だけです。
    ※用語は、素人でも分かるように言い換えてあります。

    「信用状発行とは、どのような取引形態なのか」は、はっきり言って、枝葉末節。
    「銀行が、企業の支払い能力を保証する契約の一種」という要点さえ、分かればいいのです。
    ※「企業の支払い能力を保証した銀行の支払い能力を、もっと能力の高い銀行が保証する」という場合も有ります。
    この「銀行」と「企業」には、どこの国の銀行・企業も入ります。
    企業は、決済が容易・安全になる、というメリット。
    銀行は「保証料」が良い儲けになる、というメリット。

    銀行が、言わば「ラスボス保証人(つまり銀行の与信能力に対する信用状の発行人)」になれるかどうかは、その銀行の力量にかかっています。
    その「力量」の有る銀行が、韓国には無いようです。
    なので「ラスボス保証人」である日本の銀行が手を引くと、韓国企業は取引が不自由になるであろう、と予想される訳です。
    しかし「保証料収入」を失うと、日本の銀行だって痛い。
    韓国経済が完全破綻したら、余波を避けるのが大変だし。

    ですから、ネトウヨが言うような「日本の銀行の撤退」はそれほど簡単じゃないでしょう。
    でも「保証料収入」や「韓国企業との取引で得られる利益の期待値」よりも「コリアリスク」の方が上になりつつ有るのではないでしょうか。
    やがて「韓国を活かしておくリスク」の方が「韓国が潰れた時のリスク」より上、という状況になるかも知れません。

    銀行は商売でやってるので、「取引を続けるリスク」の方が上になったら、貸し剥がしをやって、撤退します。
    そろそろなんじゃないのと、みなさん期待しているんですよね。
    「信用状の話」は、そこが肝心の論点なのです。

    しかし、今回も「枝葉末節に逃げ込む」という七誌論法を堪能させていただきました。
    面白かったですね。
    七誌さんに感謝しましょう。

    1. 完全に何が間違ってるのかと説明しても、ウリだから正しい、ナムだから間違いですか。

      これですよね。朝鮮人がいつも誤るのは、まさに理想の朝鮮思想。

      1. 分かりやすいように、要点をしぼって、
        「七誌さんが、どこを間違えていたのか」を、説明してあげたのに、
        まあ、ご本人には理解できない、と。

      2. そう言えば、
        七誌さんが「完全に説明した」と言い張ってる場合、たいていは説明になってないですね。

        それに、他人の意見を「間違い」と罵倒して「どこが間違ってるの」と聞き返された場合、
        きちんと「これこれ、ここが、間違い」と回答したことは、あまり無いですね。
        どんどん、話が、明後日か枝葉末節に、流れて行くし、
        再々反論されると、罵倒だけになっちゃうし。

        もしかしたら、「回答したことが全然無い」のか…いや、さすがに全然無い、という訳じゃないでしょうね…私が見たことが無いだけでしょう。

        「論点」という概念が無いのかな。

        1. ネトウヨの言う、「信用状の発行を止めるだけで韓国崩壊」なんておかしな発言を咎めただけなんですけどねぇ。

          信用状は与信と違うんだって。仕事で知ってる身からすれば違和感しかない。

          が、何が論点なのかもわからず、ウリだから正しい、七誌は間違いって馬鹿がいてこうやって沸くわけですよ。

          1. 確かに信用状の発行を止めれば韓国企業と現金取引せにゃならんしそんな危ない橋は誰も渡らんよ、ってか大抵の企業は現金なんか使わん。

          2. 一部訂正

            >与信を受けられない個人商店レベル」の、多分日本企業(輸入者)でのハナシ、、なんだよねw

            「与信を受けられない、またはその必要がない小規模の輸入をする個人商店レベル」
            へ訂正。

            この規模(だいたい百万円以下、、かなw)だと、ユーザンスはもとより、立替払いも不要なんじゃね?(この辺は実務経験がないから知らんw)

            だからコイツは、
            「コイツの周りの事実」を語ってるだけ、、なんだよね、多分w
            だから、上にあげた①~③は、コイツの周りではホントウのことなんだw
            製造業でもないからユーザンスはもとより関係ないんだ。

            銀行に信用状を発行してもらい、自己(商店?)の支払い能力を銀行に保証してもらって、荷物は支払いの後、受け取ってるw
            、、そういう仕事じゃね?

            個人情報、バレちゃうぞw

            (仕事中サボってたり、出勤前に書き込んだりしてるんで、細切れで申し訳なし)

        2. 補足させてもらうとw

          七誌くんは信用状取引を、単に

          「現金取引の仲介を銀行が担ってる」

          としか理解していない(と思われる)w

          『輸入企業の支払い確約を、銀行が保証する』
          という理解なので。

          これは「輸入企業の銀行送金(振込)での後払い(を保証)」という仕組みでしかない。
          コレ、「与信」じゃないんだよねw
          与信じゃなければ、ここまで騒がれないし、だから「騒ぐのはおかしい」と、七誌君は言いたいわけw

          これじゃ輸出企業は、「支払いが確実なのか不安になる(即座に代金を回収できない)」んだけど、「銀行が保証してるんだから問題ない」って主張になってw
          「コイツを納得させるのは厄介w」という昨夜の私の感想になるw

          1. もうちょい書くと、

            『輸出企業が出荷とほぼ同時に資金回収できる』
            が阻害されるんだ。

            七誌君の主張は、『銀行は立替せずに、輸出業者への支払いは、あくまで輸入業者が直接(国外送金で)支払う』仕組みと理解しているからw

          2. ゴメン、もうチョイw

            で、
            ユーザンスをつけても、基本、運転資金の融資なので一つ一つの取引は1年以内の短期であろう。
            しかし、恒常的に何回も行われるので、「ユーザンス残高」は、輸入規模にも左右され、『根っこ』のようにある程度のカサ(量、残高)になる。

            韓国経済が破たんすれば、ユーザンスを設定してる銀行は、それなり(巨額)の貸し倒れを被ることになるであろうから、
            問題だってハナシなのにw

          3. ああ、なるほど「立替払いを含む契約」だと理解してなかったのかな。

            でも、それはともかく、七誌さんの間違いの始発点は、
            「日本の銀行が、韓国企業に与信なんか、するものか( ー`дー´)キリッ」ですよね。

            間違いがあんまり多いので、どこが肝腎な間違いで、どこがどうでもいい間違いで、どこが事実認識の間違いで、どこが論点把握の間違いで、どこが基地外なのか、分からなくなりますね。

          4. >ああ、なるほど「立替払いを含む契約」だと理解してなかったのかな。

            理解してないですねw

            ご指摘のように、此奴の間違いは複雑でw
            ①邦銀は、輸入者たる日本企業に対して保証してる、、という間違い
            (いや、そういう場合もあるだろうけどw)

            ②邦銀は、韓国の輸入業者への保証はしていない、、現地の韓国の銀行が保証してる(そういう場合もあるだろうけどw)

            ③信用状取引は(立替払いなんかないから)輸入業者の支払い確約の保証である

            ってとこでしょうかw

            >でも、それはともかく、七誌さんの間違いの始発点は、
            「日本の銀行が、韓国企業に与信なんか、するものか( ー`дー´)キリッ」ですよね。

            そうですw
            我々は、対韓国の貿易黒字を見て、一般的なビジネスモデルを話してるんだけどw
            『日本の輸入企業ガー』前提なんで
            噛み合っていないw

            といういつもの異次元の人との会話wになってるw

            その証拠に

            >ネトウヨの言う、「信用状の発行を止めるだけで韓国崩壊」なんておかしな発言を咎めただけなんですけどねぇ。

            >信用状は与信と違うんだって。仕事で知ってる身からすれば違和感しかない。

            ってなるw

            「与信を受けられない個人商店レベル」の、多分日本企業(輸入者)でのハナシ、、なんだよねw

            そ、
            いつもニコニコ現金払いの小規模輸入業者(韓国からの)
            なんだと、予測ができるw

    2. >ですから、ネトウヨが言うような「日本の銀行の撤退」はそれほど簡単じゃないでしょう。

      コレは正しいです。
      銀行の通常の『与信業務』なので。

      一方、前にも書いた記憶がありますが、
      『日本の金融当局(金融庁、日銀)による、(韓国の)カントリーリスクの査定を厳しくする』
      だけで、貸し剥がしは進むだろう、、というのも事実だと思います。(経験上)
      法改正など必要なく、「査定を厳しくする(政府の方針)」だけなんで。

      ただw
      メガバンククラスになると、地方金融機関とは違い、それなりの力(天下り先の確保とかw)もあるんで、その辺の力関係は、私などはわかりませんがw

      1. むかしそのまたむかし。もう検索できない頃のお話。

        【韓国が日本からの輸入品の検査比率を上げる】
        の記事だったかで、にゃなさんと七誌さんの会話で。

        七誌さん「これで日本の輸出業者はすべての検査費用を払わなければならず、負担が増す」と話していました。
        七誌さん「私は(輸出入に)関わっているので正しいです」とジェトロの資料を添付していましたが、そこには「基本、輸入業者が検査費払う」とあり、明らかに間違っていました。
        日本の輸出業者は、検査費用は払わないのです。
        払うのは、韓国側の輸入業者でした。
        ついでに言うと韓国の国の機関が検査率を上げるということで、それを民間業者に振るという内容でもなかったのです。(画期的な案とかでそういう可能性も0ではなかったのですが)

        で、経緯は
        ①み「間違ってますよ、費用は韓国の輸入業者が払うのですよ」
        ②七「いいえ、あなたが間違っています。日本の輸出業者が負担するのです。ジェトロのリンク」
        ③み「リンクにも輸入業者が払うって書いてますよ」
        ④七「間違っています。韓国の輸入業者が費用を払えば、その費用は販売時に消費者が負担し、結果コストが上がり、それは日本側の輸出業者が被ることになるのです」

        などと謎の理論展開をして、「韓国の輸入業者が費用を負担しますか?Yes or No」の問いには答えてもらえませんでした。

        直近では『「G7に中国in日本out」を中国は国家戦略として虎視眈々と狙っている』の意見も間違いで、指摘するとG2の説明とリンクを張ってきました。

        いつも誤魔化しと嘘。その中にいくつかの真実も混ぜることにより、うやむやにさせることはできても、それ以上に簡単な「修正」という作業はできないのですよね。

        1. 多分これの事やね

           https://sincereleeblog.com/2017/10/16/国会議員「日本製工業製品の放射能検査を強化せ/comment-page-3/#comment-3385

          1. うわ、すごい!
            これ3年前のでもう検索できなかったのに!
            びっくりニダ!

            大概サイトのアドレス出すときは七誌さんが間違っている時です。
            ここでも逃げてなかったことになっていますが。

  7. 韓国に報復的措置をとれ論は無理かと思われます。
    日本政府がコロナ禍で国民に「お願い」以上のことがなにもできなかったことで分かるように、日本は強力な自由主義国家です。資本主義国家の中では社会主義よりだという自己評価でしたが、蓋を開けたらとてつもなくラジカルな自由主義国家でした。社会主義っぽく見えていたのは、たぶん共同体の公益を優先する文化がそう見せていただけなんでしょうね。
    なので政府が総力戦を行うのにこれほど向いてない国は無いんです。1億火の玉、総玉砕を本気で信じていた時代から遠くなったものです。国家が報復的な行動をとるというのは完全に管理された暴力です。つまり戦争です。熱戦、冷戦、情報戦、経済戦、外交戦、どう考えてもいいけど、戦争をやる気があるならやればいいんです。でも能力が無いのにやったら駄目。そしてコロナ禍で示されたのは、日本政府に戦争を遂行する能力はゼロということです。ここを踏まえて日韓関係について言及すると、まあ、日本人が戦争能力を再取得するまで韓国の言いたい放題、やりたい放題は続くだろうし、止められないだろうなということだし、再取得前にブチ切れて、やっても失敗することをやらないでほしいなってことです。
    嫌韓であってもいいけど、失敗しか無い未来を選ぶなら、それは嫌韓ではなく愚者でしかないからです。

  8. 信用状の話は、下記のような事だろう。

    韓国の『韓国輸出入銀行』、『韓国産業銀行』という国策銀行が、
    韓国の輸出入(および産業の金融債権)について、海外の企業への裏書きを行っている。
    つまり、何かあったときには「その保証をうちの銀行が行いますから大丈夫ですよ」という保証を行う銀行なわけです。

    この保証は「『輸出信用状』の発行」という形で行われます。輸出信用状とは、一種の小切手のようなものです。

    ところが、この韓国輸出入銀行というのは非常に多くの不良債権を抱えた銀行であり、
    幾度も経営破綻の危機に見舞われてきたのです。
    当然ですが、そのような銀行の裏書きなど、どの国のどんな企業も信じません。

    韓国の国策銀行は、韓国の企業に必須の輸出信用状を発行できるような状態ではなく、
    それが行えているのは、日本のメガバンクが裏書きしている(保証枠を持っている)からなのです。

    また、みずほ銀行は、韓国の企業に対して、貸しはがしを行えば、韓国は即死でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。