韓国、『親日財産没収(国家帰属)』を再開か

親日財産帰属。基本的には「親日派の土地を(その子孫から)没収する」内容であり、いままでかなりの土地が国家帰属となりました。戦後に持ち主がわからない資産を行政的に整理するのではなく、ちゃんと韓国民が『財産』として所有していた土地を2000年代になって国家が没収するという内容だっただけに、日本側のネットでも結構話題になっていたと、記憶しています。ですが、どうやら、その「第二ラウンド」が始まりそうです。以下、朝鮮日報の記事、短いので全訳してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<共に民主党キム・ギョンヒョプ議員は、20日、国会で記者会見を開き、親日反民族行為者財産調査委員会を復活させる「親日財産帰属特別法」を発議した。特別法は、盧武鉉政府と李明博政府の間にかけて、2006年から4年間活動した委員会を復活させる内容だ。当時、委員会は、親日派168人の土地1300万㎡(時価1267億ウォン)相当を還収した。キム議員は、この法案を発議し、「委員会の復活で親日残滓を清算し、民族の根幹を立て直すきっかけを用意しなければならない」と述べた(ソース記事:朝鮮日報、外部リンクにご注意を)>

 

盧武鉉政府当時、親日派の財産を還収(という名の没収)するぞ!としながら、『親日反民族財産調査委員会』というものを作りました。当時の委員会は、2006年から4年間活動し、大統領が許可すれば2年間活動期間を延長できる(1回だけ可能)ものでした。2010年に李明博大統領が延長を許可しなかったので、2010年に委員会は解散しました。つい最近も親日派財産没収に関するニュースがありましたが、これらは裁判が長くなっているだけで、委員会の活動そのものは2010年に終了しています。

今回の特別法によると、新しい親日反民族行為者財産調査委員会は、同じく4年間活動し、それから大統領が2年の延長を何度でもできるようになっている、とのことです。

 

 

 

今日、昼の更新はありません。遠くに出かけますので、夕方遅くの更新となります。それでは、行ってきます(・∀・)ノ

拙著のご紹介

現在の最新刊「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>ですアマゾンリンク(アソシエイト)となります。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。詳しくは新刊紹介エントリー(いつも本ブログ入り口ページの上から2番目に固定されています)をお読みください。他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5