韓国シンクタンク『安倍総理は外交成果が無かった。次期総理は外交成果欲しさに韓国と関係改善するだろう』

安倍総理辞任の件、韓国側のマスコミも大きく報道し、殆どは『独走が終わった』『安倍は何もかも失敗した』など安倍総理に対して否定的な論調の記事を載せていますが、どれを読んでみても、パッとしないというか、似たりよったりというか、そんな感じです。いままで何かあればアベガアベガアベガアベガアベガアベガしていたことを考えると、思ったより大人しい反応だな、と言えなくもありません。

そんな中、「日韓関係はどうなるのか」という意見の中でもっとも多いのは、『誰が次期総理になっても、韓日関係はさほど変わらないだろう』というの論調です。韓国側も、『安倍が悪い。日本国民は韓国に同調している』としながらも、本当はそうではないと分かっているのかもしれません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

一部、改善のきっかけになるという主張も無くはないですが、それは『次期総理が、前任の安倍総理との差別化のために韓国と対話する外交を選ぶだろう』という、漠然としたものです。中には『日本の次期総理は、安倍政権は外交的成果が何もなかったので、韓国との外交関係改善を狙ってくるだろう』とする主張もあります。以下、毎日経済の記事から部分引用してみます。

 

 

<・・安倍総理が辞任しても、自民党政権下では、すぐに日本側の著しい変化を期待するのは難しいというのが、大半の意見だ。慰安婦、強制徴用などの争点について、自民党内部ではある種の共感が形成されているので、後任総理が安倍政権の基調を基本的には維持するしかないということだ。パク・チョルフイ ソウル大国際大学院長は、「後任総理が誰だろうと、韓日関係にすぐになにかの変化が来ることは無いだろう」とし、「日本の外交路線が『安倍路線』から大きく外れたりはしないだろう」と展望した。

 

キム・スクヒョン国家安全保障戦略研究所 対外戦略研究室長は、「菅長官や麻生太郎日本副総理兼財務相が総理になれば、韓国の輸出規制を撤回する可能性は低い」、「自分たちが内閣に参加して推進した政策を、自分たちで否定することになってしまうからだ」と説明した。ただし、後任総理が、外交分野で成果を出すために、前向きな立場を取ることもあるだろうとの見通しも出ている。文在寅政府が、新しい日本の内閣が対北朝鮮問題で成果を出すことができるように協力してやれば、これまでの葛藤を治癒する雰囲気が造成されるだろうという予想もある。

 

キム室長は、「安倍が長期政権でありながら、これといった外交成果が無く、周辺国との関係が良くなかったから、新しい総理が韓日関係の改善に乗り出す可能性がある」と述べた。また、彼は「例えば(文在寅政府が)北日(※日朝)首脳会談を水面下で支援してやったりして、韓日関係が転換されるきっかけを作っていく必要がある」と付け加えた。

そのためにも、今年12月に韓国で開催される韓中日首脳会議の機会をうまく生かすべきだとのアドバイスも出てくる。ムン・ジェイン大統領と安倍総理は、互いに会話すらしなかったが、新しい日本の総理が出席した韓中日首脳会議で良いスタートをきれば、韓日首脳の間にも好感と信頼を築くことができるからである・・(ソース記事:毎日経済、外部リンクにご注意を)>

 

 

北朝鮮との対話をサポートできる立場なら、まずは米朝会談の場を用意してやればもっといいかもしれません。それも出来ないでいながら、何を言っているのか・・と。それに、韓国で「安倍は極右」など、日本の総理を「極右」「◯◯は悪い」とするのは、「日本は悪い」を言うための手段にすぎません。「私たちは安倍が悪いと言ってる。日本が悪いとは言ってない」と言い訳するための情けない策です。こうしたほうが、『良心的日本人』たちも味方にできるし、『韓国は反日国家じゃありません』というくだらない言い訳を続けることも出来る・・韓国はそう思っています。

ほら、どうみてもNO JAPANなのに、NO ABEとは言うじゃないですか。Oを日の丸にしたまま。福田総理すらも極右と呼んでいたのが韓国ですから・・どうせ誰が次期総理になっても、結局は極右とし、「◯◯がー」と叫ぶことになるでしょう。鳩山総理みたいな人なら、例外でしょうけど。

 

 

 

 


「反日 異常事態」紹介エントリーが新しくなりました!ぜひお読みください!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分がアマゾンリンク(アソシエイト)となります。全て電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>ですいわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。詳しくは新刊紹介エントリー(いつも本ブログ入り口ページの上から2番目に固定されています)をお読みください。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

3+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5