韓国与党議員「安倍総理は、日本人拉致被害者問題の解決を邪魔した」

ただいま帰ってきました。明日の朝早くの更新はできそうにありませんので、寝る前に1つ更新しておきます。

安倍総理辞任の件に対する韓国側の反応、もう一つエントリーします。調べてみるといくつか出てきますが、韓国側の反応は意外と落ち着いています。国会議員を中心にいくつかの批判は出ていますが、それでも「快癒を願います」などのフレーズはちゃんと付いており、内容も、わざわざ取り上げるほどのものではありません。どちらかというと、日本側のマスコミのほうが安倍総理に辛口評価をしている気もします。もちろん、韓国側は、そんな日本側の記事を積極的に取り上げています。「これは韓国が言ったんじゃない。日本の記事だ」といういつものスタンスで、負担が無いと思ったのでしょう。

そんな中、韓国国会の「国会外交統一委員会」の長でもある、ソン・ヨンギル議員(共に民主党)がトンデモナイ論を主張したので、紹介します。共に民主党ではそこそこ重鎮となります。どうやら、安倍総理が辞任発表の記者会見で『日本人拉致被害者問題を解決できなかった(ことが断腸の思い)』と話したのが、すごく気に入らなかったようです。ソン議員は親北派としても有名です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・彼は(※ソン・ヨンギル議員はフェイスブックに)「安倍総理は辞任の弁で、複数の事案に対して悔しさを明らかにした。北朝鮮の日本人拉致問題未解決、ロシアとの平和条約締結、憲法改正をできなかったことがそれである。腸が切れると表現したのを見ると、その悔しさはかなりのもののようだ(※韓国には断腸の思いという表現がありません)」と言いながらも、「しかし、私は安倍総理とは考えが違う」と砲門を開いた。

 

彼はまず、「北朝鮮の日本人拉致問題の解決のためにも、北米(※米朝)・南北対話が成功しなければならなかった」、「それでも安倍内閣は、積極的に支援するどころか、妨害したと評されており、最終的には、問題解決の障害になったと評されている」と回想した。また、「憲法改正を通じた平和憲法第9条の改正は、日本帝国主義の侵略の痛みを経験した周辺国との関係を考慮する必要がある」とし、「日本国内でも多くの日本人が、日本が専守防衛の原則に破り、敵基地攻撃能力を備えた戦争可能な国になることを懸念している」と指摘した。

 

ソン議員は「新たに構成される日本内閣と新総理は、「第3期安倍内閣」ではなく、金大中・小渕宣言を主導した小渕総理のように、河野談話の当事者であった河野洋平元議長のように、変化した姿勢で、韓日関係の復元に積極的な姿勢を取ってくれることを期待している」としながら、新しい内閣の前向きな姿勢を期待した・・(ソース記事:ニューシース、外部リンクにご注意を)>

 

 

「評されている」って・・自分でそう評しているだけでしょうに。以下、必要無い気もしますが、エントリー本文が短すぎるので、ちょっとだけツッコんでみます。

韓国が米朝首脳会談で「統一だうわぁぁぁ(涙)」「平和だうわぁぁぁ(ヨダレ)」と盛り上がっていた頃、米朝首脳会談の前のことです。安倍総理は、トランプ大統領に、会談で拉致被害者問題を取り上げるように頼みました。すると、韓国の一部の政治家及びマスコミは、『安倍が米朝会談を邪魔するために拉致被害者問題を取り出した』と大騒ぎになりました。1つだけちょっと引用しますと、こうなります。

<・・日本政府は、これまで着実に米朝首脳会談の議題に北朝鮮の人権問題(拉致被害者問題)、生化学武器、弾道ミサイルなどを含めないといけないと主張してきた。日本のこのような強硬な態度が米朝首脳会談に無視できない妨害要因になってきた。日本政府が米朝首脳会談を控えて全方位的に動いているのは、安倍総理が拉致問題と北朝鮮脅威論を介して大物右翼政治家に成長してきたからだ・・(ソース記事:2018年5月29日ハンギョレ新聞、外部リンクにご注意を)>。

ちなみにソース記事は、安倍政権のこのような動きの理由を『大きなスキャンダルで、自民党総裁選(3選のとき)に勝てない可能性が大きいのも理由の1つ』と分析しています。今読むと懐かしいですね。悪い意味で。それから2次米朝首脳会談で会談は破綻しました。

 

ジョン・ボルトン氏は、文在寅政府の動きをこう『評して』います。 <ジョン・ボルトン前米ホワイトハウス国家安保補佐官が23日に出版する回顧録「そのことが起こった部屋」で、ムン・ジェイン大統領の北朝鮮非核化アプローチ(※段階的非核化)を精神病的なアイデア(schizophrenic idea)で非難し、波紋が予想される・・(ソース記事:ニューシース、今年6月20日)外部リンクにご注意を)>。こういう人が『私が運転します!』と言い出すことのほうが、真の「妨害」だったに違いないでしょう。

 

 

 

 


「反日 異常事態」紹介エントリーが新しくなりました!ぜひお読みください!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分がアマゾンリンク(アソシエイト)となります。全て電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>ですいわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。詳しくは新刊紹介エントリー(いつも本ブログ入り口ページの上から2番目に固定されています)をお読みください。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

2+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5