K防疫、袋叩きにされる・・57ヶ国 226個の団体が『コロナのせいにして宗教を弾圧するな』と抗議

久しぶりに、読み物っぽいネタを選んでみました。文大統領からするとあまり軽いネタでもないかもしれませんが。

世界57ヶ国、226個の宗教及び市民団体が、文在寅大統領に抗議書簡を送ったことが分かりました。新型コロナのせいにして宗教を弾圧するな、という内容です。梨泰院(イテウォン)クラブでのコロナ発生以来、K防疫の問題が、外国でも話題になりました。あの時は性的少数者への弾圧が問題でしたが、今回はキリスト教への弾圧が主な理由です。1つ1つ、K防疫の正体が明らかになるのは、世界規模で見ると肯定的なことではないでしょうか。以下、朝鮮日報の記事から部分引用してみます。

 

<自由北朝鮮運動連合など、世界57カ国266個の宗教・市民団体が「コロナ19対応の過程で、宗教の自由を弾圧し、教会を犠牲している」という内容の抗議書簡を、文在寅大統領に送ったと1日(現地時間)明らかにした。今回の書簡には、1万4832人が参加した。

団体は声明を出し、「最近数ヶ月の間、文在寅大統領及び韓国政府は、コロナ19拡散の責任を教会にだけ背負わせようとしている」とした。続いて、「夏の間、何百万人もの韓国人がレストランやカフェ、カラオケに通ったのに、コロナの責任を、ソーシャルディスタンスを守りマスクをちゃんと着用した教会にだけ、背負わせようとしているのだ」と指摘した。団体はロッテリアと南大門市場など国内の多くの地域の感染事例を言及し、『教会に向けた宗教弾圧とは違い、一般大衆の行動(secular activities)に対しては、韓国政府は何の措置を取らなかった」とした。

文在寅政府がコロナ19による社会的混乱と国民の不満などを理由に、教会を不当に犠牲をしているという趣旨だ。それとともに、政府に批判的なチョン・グァンフン牧師の「愛・第一教会」の押収捜索などを指摘した・・(ソース記事:朝鮮日報、外部リンクです)>

ちなみに、この団体、韓国政府が対北ビラを禁止し、脱北民団体の法人設立を取り消した時にも、これは明らかな弾圧だと韓国政府に抗議したことがあります。あの時から、「あ、韓国政府も弾圧好きだな」と気づいていたのかもしれません。

 

しかし、皮肉なことですね。K防疫を守るためにやったことが、K防疫最大の自慢ポイントを崩すことになるとは。文在寅大統領としては、不動産政策などで落ちてしまった支持率のためにも、「K防疫」の成果を守らないといけなかったのでしょう。そのために、『出来る限り礼拝を控えめに』という要請もせず、早めに『礼拝禁止(オンラインは可能)』という強制的な手段を動員しました。しかし、K防疫のもっとも自慢できる要素であった『外国から褒められている』が、その強制力のせいで、崩れ去ろうとしています。

梨泰院感染の頃、日本とフランスから批判があって、『日本とフランスが嫉妬している』としていた韓国。今回は『57ヶ国が嫉妬している』にするのでしょうか。実にK(くだらない)・話です。

 

 

今日は<「反日」異常事態>の発売日です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

93+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5