スモールワールズ東京に行ってきました

有明物流センターにある「スモールワールズ東京」に行ってきました。1/80サイズで、関西国際空港、「セーラームーン」や「エヴァンゲリオン」の街を再現しているのが特徴の、ニュースポットです。せっかくだから、ブログにも載せてみます。レナも一緒でしたが、室内は暗いし外は雨でしたので、レナの写真は撮れませんでした。

エヴァンゲリオン格納庫。何かの演習をするという設定で、このあと上の方に射出されます。

 

1/80とはいえ、エヴァとなるとかなり大きいです。よく見えませんが上のほうに司令官とリツコ博士がいます。

 

 

全ての野外設定ステージは朝から夜に時間が流れ、照明も変わります。これは、シンジとミサトが第3新東京市を見下ろしているシーンです(確か、作中では夕方でしたが)。ビルもちゃんと地面から出てきます。

 

(多分)アスカ発見。他に、レイとペンペン、カオル、シンジなどが確認できました。3Dスキャナーで自分の1/80フィギュアを作って、エヴァやセーラームーンの街に1年間配置する「住民権」プランもあります。

 

 

個人的に最大の見所だと思っている『ロケット打ち上げ』。上昇して天井のほうに消えます。

 

 

関西国際空港。こちらは定期的に飛行機が離陸・着陸します。

ボタンを押すとコンベアベルトが動きます(同じく細かいアクションを演じるボタンがいたるところにあります)。

 

 

 

こちらは「セーラームーン」の主人公が住んでいる街。こちらは詳しくありませんが、確か主人公の1人が神社の巫女だったような。

こちらは、主人公の家です。定期的に屋根がオープンします。

 

 

こちらはオリジナル。とてもリアルなヨーロッパの街です。

すみません。リアルじゃありませんでした。

 

思ったよりずっと楽しめるスポットで、スタッフの方々も親切でした。それでは、今日はこれにて(・∀・)ノ

 

 

 

<「反日」異常事態>発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

93+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5