1989年~1990年韓国側の記事・・「日本海を『朝鮮海』と呼ぼう、いや待て『大韓海』がいいかな、なんなら『東方海』が無難で、黄海とかあるから『青海』もアリだし、『蒼海』もかっこいいよね」

K(旧)ブログでエントリーした記憶がありますが、今のブログには無いようなので、書き直してみます。これは慰安婦問題もそうだし旭日旗問題もそうですが、韓国側が「日本海表記」に問題を提起したのは、戦後すいぶんと時間が流れてからです。本当に朝鮮の人たちが「一部の親日派以外は全員が抗日」していて、日本がそんな人たちに「人類史上最悪の植民地支配」を行っていて、旭日旗や慰安婦や日本海表記が民族感情を刺激するものなら、戦後直後から問題提起があったはずです。当時を生きた人たちがそれをもっともよく知っていたはず、もっとも憎んでいたはずですから。しかし、韓国が政府レベルで日本海という呼称・表記に問題を提起したのは、1990年代になってからです。1990年になるまでは、韓国側の記事も、とにかく『日本海はダメだ』としながらも、東海にすべきだという意見はそうありませんでした。「◯◯」と変えるべきだと出てくる海の名称も、韓国で生まれ育った私にすら初耳のものばかりです。

 

 

1989年2月26日ハンギョレ新聞では、「アン・ギテ爺(韓国の歴史を研究するオーストラリア住在の市民団体活動家)の夢は・・・今は日本海と国際化されている東海を『朝鮮海』として国際承認を受けることだ」となっています。

 

1989年6月10日ハンギョレ新聞では(なぜか1989年あたりにこういう記事が多めです。ちなみに、韓国政府が国連で日本海表記に問題提起したのが1992年です)「日本海を東方海と呼ぼう」としながら、「海洋研究科ハン・サンボク氏は日本海を東方海と呼ぶべきだとし、もし東方海という名称に対する国際的合意が難しいなら、近くの黄海、黒潮などに因んで『青海』と呼ぶべきだと提案した・・」

 

 

 

1990年6月14日のハンギョレ新聞では、韓国の教授が「連合通信社(AP通信)が1988年に発刊した世界地名辞典には、東海ではなく日本海単独表記になっている」と指摘しながら、『大韓海』または『蒼海』に海の名前を変えるべきだと主張しています。ちなみに、「AP通信が日本海と書いた」と問題を指摘する記事は、これ以外は見当たりません。

 

気になるのは、多くの記事が、『朝鮮海や大韓海にすることもできるけど、海に国名を入れると周辺国が怒るから』という理由で、「東方海」や「蒼海」「青海」などなら、すぐにでも国際公認が受けられる、そういう論調である点です。東方海の場合、「東方海のほうが『無難』だから」という主張まであります。何がどう無難なんでしょうか。しかし、案の定、日本海に文句言うのは韓国だけでした。次の記事を御覧ください。これが旧ブログに紹介したものです。

 

1994年9月9日、韓国政府は国際会議で「日本海」表記に同意します。同日の東亜日報は、「政府、東海表記『日本海』認める」という記事で、こう書いています。<(見出し)政府、東海表記「日本海」認定、韓中日ロシア環境会議で採択、日本の主張に押される・・国際公認の心配も。 韓国日本中国ロシアなど東北アジア地域国家が参加する環境問題国際会議で、東海の公式名称を日本海と表記することに決定、韓国政府もこれに同意したことが明らかになった・・>

 

 

しかし、1994年9月10日、僅か1日で、韓国政府は急に手のひらを返します。<政府は、我が国と日本中国ロシアが参加する国際会議で採択される公式文書に東海を日本海と表記することに同意したが、問題が拡散すると9日にこれを覆し、日本海という表現を受容しないことにした。政府当局者は「12日から3日間ソウルで開かれる北西太平洋環境保全会議(NOWPAP)で採択する実践計画草案に、対象海域を日本海と表記することに、すでに日本中国ロシアなど関連国の専門家会議が意見を集めたが、政府は今回の本会議で日本海表現を受け入れないことにした・・>

 

 

そんな中、韓国政府は1993年までは「日本海」単独表記の海図を刊行していました。2019年3月18日ニューシースの記事ですが、元ソースは読売新聞です。

<1993年に韓国政府が刊行した「韓国東海岸南部」の海図に、「日本海(JAPAN SEA)」表記がされていることを見つけたと、読売新聞が19日(※18日の間違いだと思われます)報じた。読売新聞はこれを「韓国の主張の矛盾を示した証拠」と指摘した・・・読売は、韓国政府が1992年国連会議で「2000年前から『東海』表記が使用された」と主張したが、1993年に韓国政府が出版した「韓国東海岸南部」でも、韓国領である鬱陵島周辺海域は「東海」と表記されている一方、島根県隠岐諸島東側には韓国語で「日本海」表記とともに、英語で「JAPAN SEA」と表記されていると指摘した・・>

 

 

結論は、1つです。「『日本』海」という名前が気に入らないこと。それだけです。1989年~90年の記事のほうが、『東海』のような名称は国際公認にはなれない、すでに日本海が国際公認されているとちゃんと指摘するものが多く、今の記事より多少はマシだったのかもしれません。

 

 

 

 

<「反日」異常事態>発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

98+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5