文大統領「日本は友d・・」 / 外務省「国際法を違反しているのは韓国です」

文在寅大統領が、菅総理の就任を祝いながら「(日本政府は韓国と)基本的価値と戦略的利益を共有」「地理的・文化的に最も近い友人」「いつでも向き合って対話できる」という書簡を送りました。それに関する質問に、茂木外相が『率直に言って、国際法を違反したのは韓国です』と答えました。以下、ヘラルド経済の記事から部分引用してみます。

<安倍晋三 日本総理に続いて菅義偉 自民党総裁が新しい日本の総理も選出されたが、梗塞された韓日関係はしばらく続くと思われる。菅新首相の就任を祝う文在寅大統領の書簡に、日本の外相は「率直に言って、国際法に違反しているのは韓国」と既存の立場を繰り返した。

 

17日、外交関係者たちによると、茂木敏充 日本外相は、外相留任を記念する会見で「文大統領がいつでも向かい合って対話する準備ができている。日本が積極的に応じることを期待するという書簡を公開した」との質問に、「韓国は重要な隣国で、アジア地域の安全保障に日韓、日米韓の協力が重要であると考えている」としながら、このように述べた。

留任が決定された後、夜遅く行われた会見で、茂木外相は、強制徴用賠償問題を先に言及した。彼は「隣人であるため、(韓間との)主な懸案については、引き続き考えている」とし「率直に言って、国際法に違反しているのは韓国だ。これは間違いない事実だと考えている」と強調した。

「対話を通じて状況を解決しようとする」と付け加えたが、事実上、韓国が日本企業の資産売却を撤回していない以上、対話は難しいという従来の立場を繰り返したとみられる。特に「強制徴用賠償問題は大きな課題だ」と強調しながらも、日本政府の輸出規制の問題などについては言及しなかった・・>。

 

 

でも、韓国についてなにも言わなかったら、「何で言わなかった」でまた記事になります。昨日は、菅総理が韓国をパッシングしているという記事もいくつかありました。韓国について言及が無かった、とのことでして。こちらはマネーSの記事です。

<菅義偉 日本総理が就任してから初の記者会見で、韓日関係に言及していないまま、周辺国の外交に関する意見だけを明らかにした。さらに、北朝鮮との関係をどうしていくかについては言及し、韓国だけ意図的に排除し、「コリアパッシング」の懸念が高まっている。

菅総理は16日午後、総理官邸で就任後初の記者会見を開いた。菅総理は「日米同盟を基軸とした政策を展開したい」、「中国とロシアを含む近い近隣諸国との安定した関係を築いていきたい」との外交政策についても言及した。しかし、彼はこの日の会見で、韓国に関しては発言しなかった。中国、ロシア、北朝鮮など、日本と隣接する外交相手に関しては、直・間接的に言及したが、韓国だけ無かったのだ・・>。

 

 

 

<「反日」異常事態>発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

134+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5