韓国政府、安倍前総理の靖国神社参拝に「歴史を正しく直視せよと指摘する」

韓国政府が、安倍前総理の靖国神社参拝に関して遺憾を表明しました。『真剣な反省を行動で示すように、厳重に指摘する』と、先生が採点するようなニュアンスです。以下、韓国日報の記事から部分引用してみます。

<政府は19日、安倍晋三前総理がA級戦犯が合祀された靖国神社に参拝したことについて遺憾を表明した。政府はこの日、外交部の論評を通じて、「安倍前総理が日本の植民侵奪と侵略戦争を美化する象徴的施設である靖国神社に、退任直後に参拝したことについて、深い懸念と遺憾を表する」と述べた。続いて「日本の指導級人士が歴史を正しく直視し、過去の歴史に対して謙虚な省察と真剣な反省を行動で示すとき、周辺国と国際社会が日本を信頼できるようになるだろうという点を、改めて厳重に指摘する」と強調した。

 

同日午前、安倍前総理はツイッターに「今日靖国神社を参拝し、今月16日に総理を退任したことを英霊に報告した」と書いた。安倍は靖国神社境内で移動する様子を写した写真を一緒に上げた。彼の靖国神社参拝は、再執権1周年当時あった2013年12月以来、6年8ヶ月ぶりだ・・

・・後継者である菅義偉総理が「安倍政権継承」を掲げた中で、自民党の主要支持層である保守・右翼勢力に投げる政治的メッセージだとの分析もある>。

 

 

韓国が「指摘」出来る立場ではないと思いますが・・ある意味、昨日の朝にお伝えした『世界指導者になった韓国』妄言(笑)と似ている気もします。ちなみに、最後の「スガガー」の部分はほとんどのマスコミ記事に共通する内容であり、韓国としてはどうしても『菅が総理になっても、安倍が黒幕として菅に命令するだろう』という主張を強調したいようです。保坂祐二氏が放送に出演して「安倍総理がやめたのは病気のせいではなく、スキャンダルから逃げるため。だから自分で操りやすい菅義偉を総理にした」と話したことがあります。それからこの「安倍上王主張」が急激に強くなった・・気がします。個人的にそんな気がするだけですが。

 

似たような主張として、韓国の地上波放送SBSの記事をもう一つ引用して、終わりにします。なんで李総裁の告別式に追悼辞を送ったことが出てくるのかは謎ですが・・

<・・総理職から退任して、これまで出来なかった参拝もしたということでしょうが、自民党支持層である極右保守陣営の結集を狙うメッセージでもあると解釈されます。国内の懸案は菅政権が受け継ぐものの、自民党の外交基調は変わらないということです。安倍前総理は、今日、中国が台湾独立勢力の首魁と非難すると李登輝元総統の告別式にも、追悼辞を送りました。安倍前総理は、菅総理の外交顧問の役割を引き受けると明らかにしています。菅政権の対アジア外交が、安倍の入れ知恵で極右色彩を帯びる可能性が濃厚であると思われます>。

 

 

 

 

<「反日」異常事態>発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

88+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5