NO JAPANの中、韓国政府の日本製購入は増加

のーじぇぺーんと騒がれていた1年間、韓国政府は結構日本製品を購入し、外国製品のシェアでも日本製が5%(去年)→13%(今年)に上昇したとのことです。しかも、なんと戦犯企業(とされる企業)の製品も結構買ってるとか。」韓国政府が土着倭寇(笑)だったとはちょっと意外です。以下、聯合ニュースの記事から部分引用してみます。

 

<日本産製品の不買運動にも、政府の戦犯企業製品購入が増えたことが分かった。国会企画財政委員会所属、共に民主党チョン・ソンホ議員が7日、調達庁の「年度別 戦犯企業・外資契約現況資料」を分析した結果、日本の戦犯企業が過去5年間で287億ウォン分の物品を韓国政府に納品したことが確認しされた。2015年から今年8月まで、政府が購入した日本製品は2,372億ウォン分に達した。全外資購入の日本産製品のシェアは昨年5%だったが、今年は13%に上昇した。昨年、日本政府の輸出規制に対抗して起こった日本産不買運動の効果が色あせてしまったのだ。

 

2015年以来、日立・富士・三菱・大阪など計8つの日本の戦犯企業の製品を購入した実績は141件、287億ウォンに達した。年度別には、2015年21億ウォンから2016年27億ウォン、2017年47億ウォン、2018年84億ウォンで急激に増え、昨年は不買運動の影響で51億ウォンに減った。しかし、今年8月までに57億ウォンで、すでに昨年の年間購入額を超えた。

最近3年間(2017~2019年)契約金額が大きい日本製品は質量分析計14%、電子顕微鏡12%、大気汚染測定器10%、レーダー探知機7%の順である。素材・部品・装置の対策が推進されたが、それでも日本の依存度を抜け出せずにいるという指摘だ・・>

 

NO JAPANも(真ん中で人生をかけている人たちは違うかもしれませんが)そうですがこの政府購入品も、実は「買わない」というより「買ったとばれない」ことが大事なわけです。韓国ですから。日本製だけでなく、ほぼすべてがそうです。韓国社会は。この国会議員、裏では政府側から結構叩かれるのではないでしょうか。

そういえば、ソウル市も日本製を結構購入していて、当時の朴元淳ソウル市長が「日本製の代替品はそう簡単には見つからない」とかそんな話をしたこともあります。

 

 

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

110+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5