慰安婦像が「外交紛争」だとどうしても認めたくない韓国

昨日にも同じ趣旨を書きましたが、聯合ニュースがまた『慰安婦像は外交問題ではないのに、日本が外交問題にしようとしている』という趣旨の記事を載せました。全般的に、日本が執拗なロビーで~外交紛争化しようとして~という内容です。すでに慰安婦像は外交紛争そのものですが、『民間がやったことだから知らない』を貫く韓国。いつまでこんなスタンスを取るのでしょうか・・というか、言い換えれば、韓国としても『政府が関わったところで、韓国側の負担が増えるだけ』という自覚はあるのではないでしょうか。以下、聯合ニュースの記事から部分引用してみます。

 

<日本が、ドイツに設置された「平和の少女像(※以下、慰安婦像)」を撤去するために執拗にロビーしたと把握された。日本政府は、日本軍慰安婦問題の解決を促して、被害者を記憶しようという意味を込めた慰安婦像に「外交紛争」というイメージを強調、現地の行政当局が負担を感じるように、事実上圧迫したと見られる。右翼性向の産経サンケイ(産經)新聞は、日本軍慰安婦問題は最終的かつ不可逆的に解決されたと確認した2015年の韓日外相合意の趣旨を丁寧に説明したが、ドイツのベルリン市ミッテ区が慰安婦像の撤去を決めたことに効果をなしたと、10日報じた。

 

報道によると、ドイツの駐在日本大使館は、ドイツ政府だけでなく、ミッテ区にも日本軍慰安婦問題に関する慰安婦合意や日本の立場を繰り返して説明した。ミッテ区長は、慰安婦像撤去を命令しながら「日本国内やベルリンに焦りを誘発した」とし「区が国家間の歴史論争で片側を助けることは避けなければならない」との見解を表明した。

 

日本政府は、日本軍慰安婦問題が韓日外交長官の合意で完全に解決され、これを元に戻すことができないと主張しており、ミッテ区は日本政府の執拗な説得に慰安婦像を韓日外交紛争事案として思うようになったと推定される・・

 

・・韓国で日本軍慰安婦被害者支援団体の不透明な会計処理などの疑惑が浮上した一連の経緯も、日本側はドイツ側に説明したと見られると、産経は伝えた。ミッテ区が慰安婦像撤去命令を下したことについて、産経新聞は「韓国の反日手法、ドイツに通じず」という題の記事で、「戦時女性の性暴力を非難し、女性の人権を訴えるという名目で慰安婦像の設置を続けてきた韓国側のやり口が、もう国際社会で通用しなくなったことを示している」と解釈した>

 

外交紛争化も何も、もうとっくに外交紛争であるし、だからこそ、日本側はドイツ側に対して外交紛争に対する現地政府(または自治体)の協力を要請しただけです。「日本の味方になってくれ」ではなく、「中立を守ってくれ」または「この問題をドイツに持ち込むべきではない」という意味で。

 

 

 

※産経ニュースで紹介されました!(・∀・)ノ※

【編集者のおすすめ】『「反日」異常事態』シンシアリー著

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

124+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5