韓国の有名小説家『私の小説が客観的歴史だ。違うと言う奴は民族反逆者だ』

映画やドラマを歴史の証拠としてよく持ち上げる韓国ですが、また似たようなことがあったので、紹介します。どの作品も数百万部が売れたと言われている小説「太白山脈」「アリラン」の著者、チョ・ジョンレ氏。氏の小説もまた、韓国では歴史の証拠みたいに使われています。

その点について、「小説は小説にすぎない。内容は誇張、歪曲されたもの」という指摘もありましたが、『小説が証拠』の風潮は変わりませんでした。今回また、反日種族主義のイ・ヨンフン氏が、チョ氏の小説に描写されている「朝鮮人虐殺(日本人警察が朝鮮人を虐殺する、など)」などが、実際の歴史とは違うと主張しました。以下の朝鮮日報の記事は、その件に対し、チョジョンレ氏が話した内容です。

 

<小説「太白山脈」の著者チョ・ジョンレ作家が12日、親日清算を強調し、「日本で留学してくると、無条件で親日派になる」と述べた。チョ作家はこの日、ソウル中区の韓国プレスセンターで開かれた登壇50周年記者懇談会で、「日本に留学した人たちが土着倭寇、日本留学を行ってきたら、民族反逆者になる」と述べた。チョ作家は、「反民特委」(反民族行為特別調査委員会)を復活させなければならないと主張した。彼は「民族の精気のために、歪曲された歴史を正すために反民特委を復活させなければならない」とし「親日派を完全に断罪しないと、この国に未来はない」とした。

 

それとともに「日本の罪を擁護し、歴史を歪曲する者たちを懲罰する法を制定するための運動が起きている」とし「私こそ『アリラン』を書いた作家として積極的に参加しようと思う。親日派は法で統べるしかない」とした。

チョ作家は、「反日種族主義」の著者であるイ・ヨンフン前ソウル大教授について「イ・ヨンフンという人が、私の本について批判しているが、彼は売国奴であり、民族反逆者」とした。チョ作家は、自分の小説「アリラン」の中の日本の朝鮮人虐殺のシーンが歪曲、誇張されたものだというイ・ヨンフン氏の批判に対し、「彼の言葉はすべて嘘だ。私が書いた歴史的資料こそが客観的だ」とし「国史編纂委員会で発行された資料と、進歩(※リベラル)意識を持った人が書いた本を中心とした明確な資料だ」と反論した・・>。

 

聯合ニュースによると、チョ・ジョンレ氏は親日派を(日本に留学した人などを含めて)150万人だとしながら、全員断罪しないといけない、とも話したとか。韓国人が映画やドラマなどを『文化的証拠』と呼び、それを事実として受け入れてしまうことは、前にもエントリーしました。チョ氏も例外ではないようで、自分で書いた内容に完全に酔ってしまったようです。

・・ちなみに、ソース記事でも指摘されていますが、文在寅大統領の娘さんも日本の大学に留学しました

 

 

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

90+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5