ベルリンの慰安婦像、いったん撤去の取り消し・・裁判所の判断待ちに

ベル心の慰安婦像が、裁判所の判断待ちとなりました。一部の韓国側の報道では「守り抜いた」となっていますが、詳しくは『裁判所の判断待ち』状態になります。韓国人団体が、像の撤去決定を停止してくれと裁判所に申請したためです。残念ながら、期限(14日)までの自主撤去は、無しとなりました。ミッテ区側は「日韓の合意点を見つけてほしい」なニュアンスで話していますが、結局は裁判所の判断となりそうです。以下、中央日報の記事です。

 

<ドイツ・ベルリン市が市内中心部に建てられた「平和の少女像(※以下、慰安婦像)」を撤去するようにした命令を、電撃撤回した。当初、日本の要求を受けて撤去命令を下したが、市民をはじめとする各界の反発が激しくなると、そのままにすることにしたものである。

ベルリン市は13日(現地時間)報道資料を出し、「議論となった慰安婦像はしばらくはそのままだろう」、「裁判所が評価を下すまで、どんな追加決定も下さない」と明らかにした。撤去命令を中断させてほしいという仮処分申請が裁判所に提起されたことで、撤去を強行せず、いったんそのままにするという意味で解釈される・・>

 

韓国各紙は「撤回した」としていますが、個人的に、これはミスリードではないだろうか、と思っています。もちろんまだまだ情報が足りない状態ではありますが、ミッテ区が撤去命令を撤回したなら、そもそも裁判所の判断を待つ必要もありません(撤去命令が無くなったなら、裁判所に申請した件そのものが成立しなくなる)。裁判所の決定が出るまで、「撤去期限」を無しにするという意味ではないでしょうか。よく読んでみると、中央日報もそういう趣旨で書いている気もしますが。

 

ミッテ区は「なんとか仲良く解決できないか」というスタンスで、日韓が合意点を見つけるようにと話しているそうですが、そううまくいくはずもなく、結局は裁判所の判断が決まりそうです。裁判所の判断で像の設置が認められると、ドイツで慰安婦像は無数に増えることになります。そこが一番の心配事ではないでしょうか。

 

 

今朝早い時間帯に、コメントが反映されない不具合が起きました。せっかくコメントを書いてくださった方々に本当に申し訳ございません。いろいろ調べた結果、スパム関連のプラグイン(スマホで言うとアプリみたいな小プログラム)が原因だったと思われます。いままでずっと使ってきた有能なプログラムだっただけに、何が原因なのかさっぱりわかりません。そして、このままOFFにすることになりそうで残念です。コメント欄の皆様、本当に迷惑をおかけしました。今日は午後に留守にするので不安ですが、スマホなどでモニターし続けます。いろいろと至らぬブログとブログ主ですが、これからもよろしくお願い致します

コメントできない方々はツイッターに報告ください!

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

88+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5