北朝鮮、韓国側の声にまったく応じず・・『韓国長官の身の程知らずな発言、長らく覚えておくぞ』。

『1ヶ月以上北朝鮮が韓国を非難していない』を根拠に『南北関係はうまくいく』と主張する記事もありましたが(過去エントリー)・・金与正氏が韓国のカン・ギョンファ外交部長官に暴言を吐き出しました。カン長官が「どう見ても北朝鮮はコロナで大変だ」と言ったからです。

カン長官はバーレーンで開かれた会議で、北朝鮮の新型コロナ対応について「北朝鮮は、韓国が新型コロナ関連の支援をすると言ってもまったく応じない」としながら、「感染者がいないと主張しながらも、新型コロナを制御するために全力を尽くしている。これは奇妙なことだ」と指摘しました。以下、聯合ニュースからです

 

<<金与正朝鮮労働党中央委員会第1副部長が、カン・ギョンファ外交部長官の北朝鮮新型コロナウイルス感染症対応に関連した発言のことで、「妄言だ」と非難し、不快感を表わした。

金部長は朝鮮中央通信を通じて9日に発表した8日付けの談話で、「南朝鮮外交部長官カン・ギョンファが中東の行脚中、私たちの非常防疫措置について、身の程知らずな評を吐き出したこと、報道を通じて具体的に聞いた」とし「前後の計算もなく妄言を吐き出すところを見ると、凍え付いた北南関係に、さらなる冷気を吹き込みたくてしかたがないようだ」と批判した。

金部長は「その下心、確かに見た」とし「正確に聞いた私たちは、長らく覚え、おそらく正確に計算することになるだろう」と主張した・・>>

 

聯合ニュースは、「表現が前ほどひどくないので、かなり水位調整したものだと思われる」と安心(?)しています。

でも、百歩譲って調整されたものだとしても、YTNが興奮しながら「北朝鮮は、1ヶ月以上も韓国を非難していない。これは最長記録だ」と持ち出した記録は、残念ながらもう終わったようです。目指せ2ヶ月。

 

この談話が出る数時間前に『私たちなら米朝首脳会談を仲裁出来るぞ』と話した人がいます。イ・インヨン統一部長官です。この部分は朝鮮BIZです

ラジオ番組に出演したイ長官は「私たち(韓国)が積極的に米朝関係を仲裁、手配し、米朝首脳会談まで進む可能性も考えられる」、「北朝鮮が経済と民生を犠牲にして防疫状態を最大化している。こんなときに私たちがワクチンや治療薬、診断キットなどコロナ防疫協力をすれば、北朝鮮が硬直した防疫体系をせずにすむ」とはなしました。これはこれで、今回の金与正氏の談話で否定されたことになります。

ちなみに、その番組の進行者が『北朝鮮にやるほどワクチンに余裕がありますか?』と聞くと、イ長官は『ワクチンはだめだけど治療剤なら』と言葉を変えました。同じく、北朝鮮問題で『で、北朝鮮から何か反応がありますか』という質問には『ありません』と答えました。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5