与党「検察総長を弾劾しよう」野党「大統領は弾劾された」国民請願「裁判部を弾劾しろ」

韓国が、弾劾まつりになっています。与党は「検察総長を弾劾しよう」と言うし、野党は「大統領が弾劾されたようなものだ」と主張しているし、大統領府国民請願にはチョンギョンシム(※文大統領の右腕だったチョグク氏の奥さん)氏に有罪判決を下した裁判官などを弾劾してほしいとの意見が投稿され、30万人以上の同意を得ています。

 

昨日お伝えしましたが、法務部長官が出して大統領が「裁可」した、ユン・ソクヨル検察総長の懲戒(職務停止2ヶ月)。ユン総長はさっそく『職務停止の執行停止(ややこしい)』を要請、裁判部がこれを受け入れました。実は職務停止という『内容』がNGだったのではなく、法務部長官が職務停止処分を下す手続きそのものが全然ダメで、最初から成立すらしない、と言うのが司法の判断でした。そこで、与党議員が『じゃ、検察総長を弾劾しよう』と言い出しました。国会で検察総長を弾劾できる議席数は確保されているとのことです。朝鮮BIZです。

<<共に民主党のキム・ドゥグァン議員は25日、裁判所がユン・ソクヨル検察総長の職務復帰決定を出したのと関連し、「ユン総長を弾劾しなければならない。国会で弾劾案を準備する」とした・・キム金議員はこの日、Facebook投稿文で「裁判所が不合理な決定をした。政治検察総帥、裁判官査察の主犯、ユン総長が復帰した。国民が選出した大統領の権力を停止させた、司法クーデターと相違ない」・・・ 「民主主義を守って大統領を守るため、弾劾の隊列に仲間議員たちの参加を呼びかける」、「選出されていない権力が選出された権力を踏みにじることを必ず防がなければならない。国民が選出した大統領の統治行為が、検察と裁判官によって乱刀ジル(※ナンドジル、無慈悲に乱切りすること)されることを必ず防いで見せる」と付け加えた・・>>

 

 

野党は「これって大統領が弾劾されたようなものじゃね?」と騒いでいます。聯合ニュースです。

<<・・(※以下、全員「国民の力」議員です)判事出身のキム・ギヒョン議員は、Facebookで「文大統領に対する弾劾決定といっても過言ではない」、「事実上の弾劾を受けた文大統領の謝罪とチュ・ミエ法務部長官の更迭を要求する」と述べた。同じく判事出身のチョン・ジュヒェ議員は「その目標は、真の検察改革ではなく、政権捜査を無力化するためだったので、今回の懲戒処分は無理せざるを得なかった」とし「ユン総長潰しは失敗した」とした。検事出身のクァク・サンド議員は「文大統領とチュ長官に職権乱用罪の責任を問わなければならない」と主張した・・>>

 

また、チョン・ギョンシム氏の有罪判決の件で、大統領府国民請願に裁判部(裁判に参加した3人の裁判官)の弾劾を要求する請願があがってきて、早くも30万人の同意を得ました。国民日報です。

<<チョン・ギョンシム東洋大教授に懲役4年を宣告した1審裁判部の弾劾を要求する青瓦台国民請願が、3日目にして30万人を超える同意を得た。青瓦台国民請願掲示板には23日「チョン・ギョンシム1審裁判部の弾劾を要求します」というタイトルの記事が上がってきた。この請願は26日午前5時現在、30万9000人が同意した・・

・・請願人はチョン教授に実刑を宣告した3人の裁判官の弾劾訴追案発議を直ちに要請し、陪審員制度を導入、最高裁判事を任命制ではなく選出に変えるように立法化することを要求した>>

 

 

弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾弾劾・・

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5