韓国紙「裁判結果によっては、駐韓日本大使館など韓国内日本政府資産の差し押さえも」

一部の韓国紙が、「8日に予定されている『日本政府を被告にした裁判』の結果によっては、その現実性はともかく、駐韓日本大使館など日本政府の資産が差し押さえられる可能性もある」と報じました。いろいろ書いてありますが基本的に『案件によっては、主権免除は無視してもいい』という意見を主に紹介した後、記事はこう続いています。ソウル新聞です

 

<<「強制徴用判決とは次元が違うだろう」。日本軍慰安婦被害が日本政府を相手に起こした損害賠償訴訟の最初の宣告が、5日後に迫った(※1月8日)中で、韓日両国政府も裁判の結果に神経を尖らせている。被告「日本国」の敗訴可能性である。日本製鉄、三菱重工業など戦犯企業を相手にした損害賠償事件とは異なり、この裁判は、日本政府が当事者であり賠償判決を履行する責任も日本政府が行わなければならない。韓日関係への影響は直接的で衝撃も大きくならざるをえない・・

 

・・裁判の結果を予断することはできないが、原告の慰安婦が勝訴しても、日本政府は控訴しないと思われる。 1審宣告に不服して控訴した場合、訴訟に参加する形になるからである。イ・ウォンドク国民大日本学科教授は3日、「(原告勝訴の判決時)1審が最終審になるだろう」と述べた。

ただし、日本政府は、韓国の裁判所の賠償判決を履行するより、すでに用意した対応策に基づいて韓国政府を圧迫するものと見られる。原告側が日本政府の韓国内資産を強制執行することを名分にする可能性もある。在韓日本大使館や日本文化院の資産を差し押さえ、売却するのが現実性があるかはともかく、これに対する日本国内の強い反発世論が日本政府の強硬対応につながる可能性があるというのだ。

ヤン・ギホ聖公会大教授は「今すぐ韓日関係に衝突が発生することはないだろうが、日本政府の立場では不信感が高まることがある」と述べた。チェ・ボンテ大韓弁護士協会 日帝被害者人権特別委員長は「判決の執行ではなく対話で解決のきっかけを作らないといけない」と強調した>>

 

ここまでしておいて「すぐ衝突はしない」「執行ではなく対話で」と話すところが、この前紹介したYTNのスタンスとまったく同じです。韓国そのもののスタンスでもありますが・・

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5