韓国与党代表『韓国は正常化を提案したのに、日本は冷笑で答えるなんて』

韓国の与党「共に民主党」の代表、『知日派(笑)』イ・ナギョン代表が、「文在寅大統領が正常化を提案したのに、日保が冷笑で答えるのはよくない」と言及、不満を示しました。いつもの「冷遇された」のバリエーションの一つでしょうか。また、「慰安婦判決は国際法上考えられない事態だ」「竹島は日本の領土」と開院演説で話した茂木外相に『妄発(マンバル)だ』とも。これ、まさに暴言で、完全に「下のもの」を叱るとき以外は、韓国でもめったに使わない表現です。韓国語講座は後にするとして、まず引用してみます。毎日経済です

 

<<イ・ナギョン共に民主党代表が19日、「日本外相は、ムン・ジェイン大統領の記者会見の日に『独島(※竹島のこと)は日本の領土』だとし、慰安婦判決にも『国際法上、到底考えられない事態』としたが、容認できない妄発だ」と述べた。

イ代表はこの日、自分のソーシャルネットワークサービス(SNS)で「文大統領が新年記者会見で、韓日関係の正常化を強調した」、「大統領としての悩みと前向きな解決の意志を言われたのだ」と書いた。イ代表は「(文大統領は)強制徴用問題も強制執行の方法で現金化することは、両国関係に望ましくないとされた。裁判所の判決を認めながらも、未来志向の韓日関係を開いていくための苦悩の表現だと思う」とし「しかし、日本政府は、『信頼できない』と冷笑する反応を見せたと伝えられる」とした。

続いて「韓日関係を改善するためには、両国が一緒に知恵を出して努力しなければならない。日本側がそのようにせずに、冷笑からするのは正しくない。難しいことだからこそ会わなければならない」とし「私は今年の夏、東京オリンピックの前に、韓日懸案が妥結されることを切に望む」と付け加えた・・>>

 

 

敬語にずいぶん気を使っているのが分かります。

それはそうと、『妄発』という言葉が入っているのが、個人的にはかなり意外です。「妄言」とはよく言うけど(本当はこれもいけませんけど)、与党代表が他国の外相に「妄発」とまで言うか・・と。ソース記事ページに全文があったのでもう一度確認してみましたが、間違いなく「妄発」と書いてます。これ、韓国でも下手に使うと即場で喧嘩になる類の言葉です。ひょっとして、東亜日報日本特派員出身の知日派イ・ナギョン代表・・日本では使われない言葉だから、どうせ意訳されて(韓国語に比べると圧倒的に優しい)日本語表現になるだろうとでも思ったのでしょうか。以下、ネイバーが提供する「標準国語辞典」からです。

 

妄発・・1・認知症またはミスによる歪んだ言葉や行動をする、またはその言葉や行動

(※例文)「そんな妄発を吐くとは、この身の程知らずな奴め」

2・言葉や行動を間違えて、自分や先祖に恥をかかせる。またはそのような言行。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

+131

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5