韓国紙「なんで政府は『主権免除を認めない』と言い切らないのか」

保守寄りは保守寄りなりに『司法判断を迂回させるには立法が動くしかない』な論調で、左派寄りは左派寄りなりに『政府が判決を執行しないといけない』な論調で、ともに文政府を責めています。前者は昨日にも紹介しましたが立法で特別法でも作って国内で処理しないと解決法など無いというもので、後者は政府が司法を本当に尊重するなら早く執行の意志を示せ、というのです。いつにもまして曖昧ですからね。最近の文政府は。

 

そんな中、京郷新聞が「なんで政府は『日本の主権免除を認めない』とはっきり言わないのか」という不満を記事にしました。司法を尊重するなら、日本の主権免除を認めないという意志を政府レベルで示せというのです。以下、京郷新聞から引用してみます。記事の題からして『待っていたかのように攻勢をかける日本~』となっており、態度をハッキリしてもっと強い対応をしろ、という趣旨です。

 

<<・・(※一昨日紹介した韓国外交部声明のことで)しかし政府の立場は、核心争点から外れたものだ。日本は「主権免除」を韓国の裁判所が認めていない点を攻撃しているが、韓国政府はこれに対する立場を明らかにしなかった。国際的に大勢である主権免除を認めていない裁判所の判決を支持することもできず、だからといって裁判所の判決を排斥することもできない状況だからだ。

政府関係者は、公式立場の発表後に記者たちと会って、「国家免除の理論は、恒久的でもなければ絶対的なものではなく、国際秩序と連続的に変化されつつある」とし「反人道的不法行為については、国の免除を制限しなければならないという見解もある」と説明した。しかし、政府が立場文にこれを含めず、非実名当局者の説明で代替したのは、そのような立場が公開的に、公式的に記録されることを望まないからである。

 

日本政府が慰安婦賠償判決による損害賠償を履行しないのは明らかだ。じゃ、次の手順は、国内にある日本政府の資産を差し押さえることである。しかし、国内に、差し押さえするほど日本政府の資産があるのかも不透明なうえ、あっても差し押さえ実行の決定を下すのは難しい。日本は今後、判決確定の攻勢の水位を高めながら「韓国は国際法を守らない国」という点を国際社会に継続的に強調すると予想される>>

 

 

重要なのは、政府当局者が『日本の主権免除を認めない』な趣旨(はっきりはしていませんが)を記者たちに話したことでしょう。しかし、よく読んでみると、主語は「韓国」じゃありません。「そういう意見『も』ある」云々。それを政府の立場表明に入れるほどの勇気は無かったのでしょう。「正義は私が得をするためのもの。勇気を出せば損をする。だから正義に勇気は必要ない」といった韓国流正義執行といったところでしょうか。記者さんもまた、『それは国際的に見て大勢ではない』ことを知っていて、それでも『早く資産を差し押さえろ』と言うしかなく、しかも『できそうにない』を理由に『でもその決定は難しい』とためらっている状態。さて、日本は、韓国のこのジレンマをどう『攻める(記事からの表現を借りるなら)』のでしょうか。

あ、最後に、『なんで政府は主権免除を認めないと言い切らないのか』と心配する必要は無いと思われます。韓国は『韓国の司法が』日本の主権免除を認めなかったと思っているようですが、日本からすると『韓国が』日本の主権免除を認めなかったということになっていますから。

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5