韓国の反・慰安婦団体、慰安婦2人を告発

慰安婦でもないのに慰安婦として政府支援金を受け取ったとして、ある市民団体が慰安婦イ・ヨンスとギル・ウォンオクを告発しました。率直に言って、効果を出すことはできないのでは・・としか思えませんが、エントリーしてみます。保守系ネットメディア「ペン アンド マイク」です。

<<日本軍慰安婦被害だと主張してきたイ・ヨンス(93)氏などを、ある市民団体が刑事告発した。イ・ヨンスなどが、実際には「日本軍慰安婦」ではないにもかかわらず、自分を「日本軍慰安婦」としてて国に支援金を申し込み、不正受給したという主張だ。

 

 

慰安婦法廃止国民行動(代表ギムビョンホン)は27日午後、青瓦台前の噴水広場で記者会見を開き、「日本軍慰安婦」被害事実を訴えてきたイ・ヨンスさんとギル・ウォンオクさん、それぞれを刑事告発したと発表した。彼らは「日帝下日本軍慰安婦被害者の保護・支援及び記念事業等に関する法律(慰安婦被害者法)」は、「日本軍慰安婦」と関連し「日帝によって強制的に動員され性的虐待を受け、慰安婦としての生活を余儀なくされた被害者を言う」と定めているが、イ・ヨンス、ギル・ウォンオクの両氏は、実際には強制的に動員された事実がないため、「慰安婦被害者法」が定めた「日本軍慰安婦」の要件に該当せず、日本軍慰安婦自分たちを国に虚偽申告して不正な方法で支援金を受けてきたと主張した・・

 

・・(※根拠は「日本軍慰安婦証言集・強制的に連行された朝鮮人軍慰安婦(1)」(韓国挺身隊問題対策協議会韓国挺身隊研究所編)、「歴史を作る話(日本軍慰安婦証言集6)」(戦争と女性人権センターの研究チーム編)で、そこに載っているイ・ヨンス氏、ギル・ウォンオク氏の証言は、就業詐欺や家出のような形のものであり、『強制的に連れて行かれた』という内容はありません※)・・

 

・・それとともに、両氏は自分が「慰安婦被害者法」で規定された「日本軍慰安婦」の要件に該当しないことを知りながらも、女性家族部に日本軍慰安婦被害者として報告、「生活安定支援対象」対象者になって、様々な支援を受けてきたので、「補助金管理に関する法律」に違反したと主張した・・

・・また、「被告発人らの虚偽申告に関与した勢力があった可能性を排除することはできない」とし「その点について徹底した捜査も必要だ」と強調した>>

 

 

『法に規定された内容と違う』点に範囲を絞ったのは、かなりの苦悩の後の決断だったのでしょう。しかし、すでに裁判所は、イ・ヨンス氏などを原告にした裁判で日本政府に賠償しろと判決を出しました。いまになってイ・ヨンス氏を慰安婦じゃなかったと判断する可能性は、ゼロにかぎりなく近いでしょう。逆に、慰安婦法廃止国民行動が名誉毀損かなにかで訴えられないか、それが心配です。『文化的制裁』まで考えると、背筋が凍る思いです。

 

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5