たかがヘル朝鮮、されどヘル朝鮮?

ヘル朝鮮とかいって韓国から出ていった人たち、いわゆる「逃避性移住」をした人たちの多くが、結局は現地でも適応できずに韓国に帰ってくる、という話をよく耳にします。

一応、似たような内容の記事が上がってきたので、紹介します。「外国に行ってみたら体の苦労、心の苦労・・逆移民、増える」という文化日報の記事です。

http://v.media.daum.net/v/20180313142028412?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事によると、「逆」移民は2015年に2733人、2016年に2478人など毎年2500人前後で、外国に行く移民は2015年273人、2016年455人で、10年前の2005年(8277人)より大幅に減少した、とのことです。

それもそのはず、記事の事例を見ると、

「韓国であらゆるストレスを経験したが、今はその比ではない。移民者の私が良い仕事を持つのは難しい(アメリカ)」

「普通のアジアの男性としてどこに行っても真の歓迎は受けられない。目に見えない差別が人を狂わせる(ニュージランド)」などなど。

基本的に、「私のせいだ」という人はいません。「システム(移民先の国の社会)のせいだ」とします。

事例にて、「普通のアジア男性」というのが面白いですね。この人は、韓国人だからって、なにか特別な扱いを期待していたのでしょうか。移住先の国(社会)が韓国に合わせるべきだと思っていたのでしょうか。

 

韓国が「嫌いだから」では、どうにもならないと思います。移住先の国が「好きだから」という、「その国でないとダメだ」という覚悟が無いと。

自分が「特別」という感覚では、どうにもならないと思います。まずはその社会での「普通の一人」を目指し、普通として扱われることに感謝しないと。

「人楽」にも書きましたが、持論でもあり、経験談でもあります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

187+

72 Replies to “たかがヘル朝鮮、されどヘル朝鮮?”

  1. 日本からは帰らないよねって思った
    でもまあ、GHQ主導で帰国事業は一応しているし、そこまででもないのかな?
    データを知らないから何とも言えない

  2. シンシアリーの場合
    ヘル朝鮮
     ミートがないのに金をとられる
     年収が少なく頭によくないものと付き合う
     夜の海しか行けない
    ヘル日本
     年収低下
     日本語でしか話が通じない
     行きたい所に行けない(連休が取れない)

    どちらがヘルかな

  3. 日本も諸外国を見習って、韓国人の移民が帰りたくなるような国にならなくてはいけないんですよ。

    ところが、日本はその逆で、韓国人のやりたい放題なんです。
    嘆かわしいです。

    1. 日本人が大人しいからです。大人しくてボーッとしてるから。相手を信用して、何かおかしいなと感じても失礼だからと問い詰めない。
      そんな国だから、いちごやカーネーションの苗、牛の精子、工業技術など韓国に持って行かれるんです。
      「在日差別と言いますが、それとは比較にならないくらい「在日大成功」があります。実は日本ほど、韓国人が動きやすい国はないんです。

    2. 「韓国人の移民が帰りたくなる様な国に、成らなくてはいけないんですよ。」
      良い、お言葉です!。
      座布団、3枚!。

    3. 天草様、
      貴殿のおっしゃる通りです。
      「人が良い」バカな日本人は、戦後、チョンのやりたい放題!
      また、自民党も、反共から「在日超汚染国人」を野放しにして、
      特別在留許可を未来永劫、与える事許可した大失態!
      殺人を起こさなければ、未来永劫、やりたい放題のチョン!

  4. 郷に入っては郷に従う、朝鮮人はこれができないのでしょう。結局、自分が適応できないのは、悪いのは自分じゃない、移住先の人間がウリに合わせないから。救いようのない連中だ。

  5. 韓国人は根拠無く自信過剰というか、民族主義に基づいた選民思想のようなものを根底に持っているように思われます。韓国人は優秀だと。世界中で羨望の的だと。特別だと。そんな勘違いに取り憑かれたまま国外に飛び出して、現実に打ちにのめされて帰ってくるわけですね。

  6. 謝る事も感謝する事も出来ない奴が、現地に溶け込むことが出来るわけがないw

  7. ある臓器にできた癌が血管・リンパ管を介して他臓器に転移することと同じで、転移された臓器はいずれ増殖する癌細胞に置換され、機能を失い、宿主の生命を危うくする。
    日本は距離的に近いため、転移というよりも直接浸潤と言えるかも。

    南朝鮮は地球にとって癌以外の何物でも無い、と思う。

      1. ああ、もう一つの癌を大きくしたのはソ連と中国ですね。

        戦後、日本が大きくした癌は小さくなっていたはずなんですが・・・

  8. 欧米で、言葉もろくにできないスキルも無いアジア人の男(若い女ならまだしも)が、疎ましがられこそすれ、歓迎されるはずがない。
    行く前からわかってるはずなのに…

コメントは受け付けていません。