マジンガー論

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

不定期に現れる、シンシアリーの「長い雑記」です。

さて、「信」エントリーでもそうでしたが、韓国人は、「私」または「ウリ」を除いて世界を論ずることが多いです。例えば「人は法を守るべきだ」「他人に配慮すべきだ」としながらも、「私またはウリ(以下、ウリとします)」はその「べき」の範囲に含まれていません。

言い換えれば、韓国人が「皆」と呼ぶ範囲には二つがあります。ウリを「皆」と呼ぶか、ウリ以外を皆と呼ぶか。

前者の場合はわかりやすいでしょう。何人かの友だちが一緒に旅行に行くときに「皆、そろそろ出発しよう」と言ったりする場合の、皆です。本エントリーでは、「マジンガーZ」の韓国語版歌詞を用いて、後者の概念、「ウリ」と「皆」を確実に別々と考える韓国人の世界観を論じてみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国語版マジンガーZ歌詞はこうなっています。ただ、少しずつバリエーションがあります。例えば、「マジンガー、マジンガー、マジンガーZ」の部分は、「マジンガー、スェドリ(※パイロット兜甲児のこと)、マジンガーZ」、または「偉いぞ、スェドリ、マジンガーZ」になっているバージョンもあります。

 

「力強い天下壯士、鋼鉄で出来た人。人造人間ロボットマジンガーZ。ウリたちのためにだけ力を使う善良なヤツ。現れると皆、皆、ブルブル震える。鋼鉄の腕鋼鉄の足ロケット拳。命が惜しければさっさと避けろ。マジンガーマジンガーマジンガーZ」

「正しいことのためにはありったけの力を捧げて。命をかけて戦うマジンガーZ。悪い心の群れよ、いくらでもかかってこい。苦しいことをされるたびに力がみなぎる。力強く人情の多いロボット勇士。正義は勝つぞ勝ってしまうぞ。マジンガーマジンガーマジンガーZ」

 

一つ、不思議なことにお気づきでしょうか。「ウリ」のために力を使う善良なやつが現れたのに、なんで「皆(しかも皆、皆と2回言う)」がブルブル震えるのでしょうか。悪がブルブル震えるというならわかりますけど。

あえて意地悪な解釈をしてみると、この理屈だと、皆のために力を使うのは善良じゃないという意味になります。人情が多い(情に厚い)って「皆」のためにやるものではないのでしょうか。

しかも、「避けろ」は、日本語で言う「道を開けろ」です。まるで、なにか「上」の人が通る時のようなシチュエーションです。

 

こうして歌詞を書いてみると、「こいつらのマジンガーZは、いったい誰と戦っているのかな」な気もします。悪の組織から世界を守るために戦うというより、小さな村を守る強い戦士みたいなイメージです。「うちの村にはこんなに強い戦士がいるんだぞ」と、子供が隣の村の子に自慢しているようなイメージになっています。

日本語歌詞の場合は、1番に「ぼくらのために」、2番に「みんなのために」と、マジンガーの活躍は「ぼくら」と「みんな」に等しくなっています。

 

韓国語版でもう1ヶ所、「勝ってしまうぞ(이기고야 말리라)」ですが、これは意訳すると『勝たなければならない』または『勝てないはずがない』という意味にもなります。なんというか、いかにも韓国っぽい歌詞だな・・と思わざるを得ないところです。勝ってしまうって、あまり良い響きではありませんね。

ちなみにテコンVの歌は、「使命」「平和の使徒」「テコン」を強調しているのが特徴ではありますが、「走れ」「飛べ」が多いなど、普通かな、と思っています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

151+

72 Replies to “マジンガー論”

  1. 朝鮮民族の”ウリ”って、対照となる”ナム”によって範囲が相対的に変化しているように思えます。
    ・自分=ウリ vs 他人=ナム
    ・家族=ウリ vs 家族以外=ナム
    ・地域=ウリ vs 地域外=ナム
    ・韓国=ウリ vs 北朝鮮=ナム
    ・韓国・北朝鮮=ウリ vs 他国=ナム
    ・朝鮮民族=ウリ vs 他民族=ナム
    などなど。
    これを「相対性ウリ論」という。

  2. 客観的立場のウリが無いから論がブレブレになるのよね韓国人のロジックって。
    なので言葉の度にスタンスがコロコロ変わる。

  3. 「ウリ」と「皆」の考え方とリンクしているのか、韓国人のコメントでなく使われる「主敵」という言葉ですが、これも日本ではあまり使わない言葉ですね。

    そもそも、周りが敵だらけで「その中の一番は?」の発想がすでに理解不能です、

    というか、「イデオロギーの違い」とか、「友好国」とか、隣国に対しての評価はそういう言葉を使うのが一般的で、「敵」という言葉を使うのは半島の国だけなんじゃないかと思います。

    「価値観が共有できない」という言葉を使うのはこういう時なのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。スパム対策です。申し訳ありません