「動物国会」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

世界日報が、「動物国会」という題の記事を載せました。

動物って何だよと思って読んでみたら、こんな写真が・・

見事なタイミングで撮れたものです。

以下、引用部分及びキャプチャー画像のソース記事:世界日報

https://news.v.daum.net/v/20190425221117187?f=p

“「動物国会」” の続きを読む

112+

検察、朴槿恵氏の「刑の執行停止」を拒否・・「理由にならない」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

朴槿恵前大統領の弁護人だったユ・ウンハ氏(弁護士)が、朴槿恵氏の刑執行を停止してほしいと申請した件、結果が出ました。

当然の結果ではありますが、一応、扱ったネタですので、結果として報告します。韓国検察が、朴槿恵氏の刑執行停止を拒否しました。「命にかかわるほどのことではない」と。

でも、ある意味、この件は自由韓国党からすると、得だったかもしれません。

https://news.v.daum.net/v/20190425194003349

“検察、朴槿恵氏の「刑の執行停止」を拒否・・「理由にならない」” の続きを読む

99+

「気争い」とは・・・プーチン氏30分遅刻、金正恩氏1時間遅刻

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

いつも首脳会談会場に「遅刻」することで有名なプーチン氏。たぶんわざとやっているのでしょう。安倍総理と朴槿恵大統領も1時間以上待たされたそうですが、ドイツのメルケル総理は4時間以上待たされたこともあります。

今回の金正恩氏との首脳会談ですが・・プーチン氏が30分遅刻したものの、金正恩氏が1時間遅刻して、プーチン氏が待たされた、とのことです。金正恩氏の宿所は会談場所のすぐ近くだったとか。

“「気争い」とは・・・プーチン氏30分遅刻、金正恩氏1時間遅刻” の続きを読む

140+

国会議長ムン・ヒサン、セクハラ疑惑

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本ブログでは「ムン3号」で通じる(1号大統領、2号大統領特別補佐官、3号国会議長)、国会議長ムン・ヒサン。

国会で騒ぎが起きて、なんと病院に運ばれ、なんとセクハラ疑惑まで提起されました。「セクハラです」と言われてもなお、女性議員の腹と顔(頬?)を両手で触ったそうです。

まず、なんで国会で騒ぎが起きたのかというと・・しょっちゅう起きるから別に珍しいことでもありませんが・・「選挙制度改定」と「高位公職者不正捜査処の新設」などで、ファーストトラック(立法手続きを簡略にすること)を適用することになったからです。自由韓国党は強く反対し、国会議長室で喧嘩になりました。

ここからは記事を引用してみます。

“国会議長ムン・ヒサン、セクハラ疑惑” の続きを読む

135+

1938年朝鮮半島の営業税納付額、上位25%の52%は朝鮮人

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

2月のものですが、訳したついでに更新しちゃいます。イ・ヨンフン教授の「韓国経済史」からの引用となります。

1930年代の話になりますが、当時の「営業税」は国税の一種で、簡単に言えば営業収益に対する税金でした。

朝鮮半島で営業税をたくさん納付した人となると、それは朝鮮半島で相応の営業利益を出していた、いわば「稼げるビジネスマン」だったと思っていいでしょう。

1938年、朝鮮半島の営業税(営業税納付額)を見てみると、上位10%は日本人だったことがわかります。しかし、上位25%まで範囲を広げてみると、なんと、半数以上の52%の納税者が、朝鮮人でした。

“1938年朝鮮半島の営業税納付額、上位25%の52%は朝鮮人” の続きを読む

131+

韓国の政権交代は憲法改正?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

1972年、朴正煕(当時)大統領は、緊急措置といって、国民の行動を制限する措置を出しました。戒厳令強化を別の呼び方にしたもの、と思えばおおむね合ってます。

これらの措置で朴氏の独裁権力は更に強くなったわけですが、、、

この緊急措置、2010年最高裁判所、2013年憲法裁判所で、ともに違法(違憲)判決となりました。

でも、朴槿恵氏が大統領になって憲法裁判所長も変わった2015年、憲法裁判所が「あ、間違えた❗実は違憲ではありませんでした❗」と判決しました。

“韓国の政権交代は憲法改正?” の続きを読む

113+

相次ぐ「誤記(?)」・・今度は「文在寅・北大統領」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

色んな意味で「妙な」誤記(誤記なのかどうか?)が続いています。

前は、聯合ニュースTVが文在寅大統領に北朝鮮の旗を付けていましたが、今度は、文在寅大統領を「北 大統領」と表記するミスがありました。

MBNというケーブルテレビ局で、この前、キム・ジョンスク女史(文在寅氏の奥様)のことを「キム・ジョンウン女史」と表記して問題になったことがあります。

ソース記事URL(中央日報)

https://news.v.daum.net/v/20190421120202075

本当にこれらが「ミス」なのか、文在寅氏の思想的な側面を快く思わないスタッフによるイタズラなのか?気になるところです。

“相次ぐ「誤記(?)」・・今度は「文在寅・北大統領」” の続きを読む

123+

「実質的非識字率」について(2019年4月)

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください。あと、本エントリーは半分以上が旧ブログからの引用・再構成になっています※

 

本ブログが取り上げた数多くの(曇った)案件。

もういいやと思うほど続報が入り過ぎで困る案件もありますが、逆に、ずっと「何か続きが書きたい」と思いつつも、これといってデータが手に入らず、手が出せないでいるものがあります。

後者の1つが、「実質的非識字率」です。初出のときには実質的◯盲率と書きましたが、失礼な書き方だと指摘され、いまは「~非識字(率)」と書いています。

「機能性(※韓国では漢字表記が安定しないせいか、論文やサイトによっては『技能性』と記すこともあります)非識字率」とも言いますが、これは「字は読めるけど、その内容が理解できない」人たちを意味します。

“「実質的非識字率」について(2019年4月)” の続きを読む

147+