右派支持の脱北者、「危険人物」とされ居場所を失う

5月12日、右派集会を支持したということで「黄色いリボン」を刻まれた脱北者を紹介したことがあります。その店、結局は廃業になったそうです。

詳しく話しますと・・「イルベ」会員たちが参加した爆食デモ(セウォル号被害者たちの断食デモに対するカウンターデモでした)を扱った地上波放送に、脱北者チョン氏が10秒位、映っていました。

チョン氏はいまは韓国で冷麺店を運営している脱北者で、北朝鮮の人権問題を告発するミュージカルなどを制作、海外で公演したこともあります。あと、映画「共同警備区域JSA」の脚本担当でもあります。

この後、店が「黄色いリボン」を貼られるなど、いろいろ攻撃を受けることになりました。

“右派支持の脱北者、「危険人物」とされ居場所を失う” の続きを読む

「死重苦」・・青年創業、55.3%が2年内に廃業

韓国の自営業が苦しい状態にある、というのはもう何年も前から指摘されてきました。

簡略に書きますと、ベビーブーム世代の引退(引退が日本よりずっと早い)やIMF期の大量失業などもあって引退者が増えたけど、年金などはまだ一般的ではなく、それまでは「買っておけば勝手に上がる」と信じられていた不動産価格の上昇も止まりました。社会構造の変化と、韓国の経済成長そのものが鈍くなったこともあり、それまで「最高の老後投資」でもあった「息子を出世させる」こともできなくなりました。つか、親を扶養すること自体が珍しくなりました。

そこで、退職金を使って自営業、自分の店をやるしかなくなった・・でも、適当な準備で自営業を始めて、それがうまくいくはずもなかった。この涙なしには読めないストーリーが、韓国自営業ピンチの大きな理由です(別に理由はこれだけではないでしょうけど)。

“「死重苦」・・青年創業、55.3%が2年内に廃業” の続きを読む

韓国で「国民年金を廃止せよ」と世界的にも珍しい世論

韓国で、国民年金を廃止せよとの世論が盛り上がっている、とのことです。ニュース1のソース記事の題によると、こういう要求は「世界的に前例が無い」とも。

<国民年金基金の枯渇を防ぐために、政府が公聴会を開き、保険料引き上げと義務加入期間の延長など制度改革案が議論されると、国民年金廃止論に火がついた。

国民年金自体を廃止するか、義務加入を選択加入(任意加入)に転換して、国民年金を必要としない人々を「解放」させてくれという声だ。これまで国民年金は関連した社会的葛藤があるたびに廃止論が提起されてきたが、適当な代案がないという点で、国民年金が実際に廃止されるのは容易ではないという分析だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20180812154731559

“韓国で「国民年金を廃止せよ」と世界的にも珍しい世論” の続きを読む

ゲンカガ-

いろいろピンチの京畿道知事、李在明(イ・ジェミョン)氏。急に「公共建設の原価を公開する」と宣言しました。

「イ・ジェミョン京畿道知事が公共建設事業のコスト資料を公開することと、標準の市場単価の適用を推進しながら、建設業界の反発が激しい。業界では、営業秘密の露出と、中小建設会社の被害が予想されるとし、反発する形だ。知事は、業界に公開討論を提案して関心を集めている・・」

https://news.v.daum.net/v/20180812070010384?d=y

前から韓国では「マンションの原価を公開せよ」など、原価にこだわる世論がありました。その話が広域自治体(京畿道)公認で出てきたことから、「全国に広がる」ことを懸念する声もある、とも。

“ゲンカガ-” の続きを読む

元ソウル大学教授「日本人がソウルに家を買うだろうから、ソウルの家の価格は上がる」

OtvNというケーブルテレビ局の番組で、元ソウル大学地理学教授が「ソウルの家の価格は上がる」と主張しました。

彼はニュアンス的に、これをあまり良くないことだとしています。家の価格が上がりすぎるから、国内で買いたい人が買えなくなることも増えるだろう、そんなことも話しています。

その理由は、「ソウルがあまりにも魅力的だから」、「中国人がソウルにセカンドハウスを買うのが流行している」し、これから「日本や東南アジアの人たちもソウルに家を買う」だろうから、とのことです。

“元ソウル大学教授「日本人がソウルに家を買うだろうから、ソウルの家の価格は上がる」” の続きを読む

経済力がー

今日の更新その2です(午後はちょっと遅れるかもしれません)。

不定期とはいえよく出てくるネタですが・・韓国人の宿泊マナーの無さに関する記事です。

引用した記事本文に「去れば終わり」という言葉があります。これはなんなのかというと・・

「なぜ日本のご飯は美味しいのか」に、韓国人のお風呂文化(?)のことで同じ趣旨を書いたことがありますが・・韓国では、温泉とかで(地元ではあまりやらないっぽいです)、こういう人をよく見かけます。

湯船で普通に浸かっていた人が、湯船から上がろうと立ち上がって、アタマ(の毛)はもちろん、別のタマの部分(の毛)まで湯船の湯でパシャパシャと洗って「あーいいね」と言いながら、出ていきます。

もうその湯には自分は入らないから、「これでいい」と思っているのでしょう。

こういう現象を韓国では「去れば終わり(떠나면 그만)」と言います。もうここには用がないから、やりたい放題やっておこう、という心理のことです。

“経済力がー” の続きを読む

必殺・ハシゴ外し

韓国社会の存在する、無数の(少なくともこのブログの更新の数だけ)社会問題を語るにおいて、「身分制度」は重要なキーワードの一つであると、個人的には思っています。

財閥は嫌いだけど財閥になりたい。甲は嫌いだけど甲になりたい。そう思っている社会なら、彼らは身分制度を嫌いだとしながらも、実は望んでいるとも言えます。「上」の身分になることを夢見ながら。

「スプーン階級論(匙・階級論)」について論じた時、私は「スプーン階級論は、自分自身に対するものでもあるが、実は親への不満の現れ」だと書きました。それも同じことで、実は「お金持ちの子が一番幸せ」とする考えがあったからです。

そう、新しい身分制度は、「親の力」です。

“必殺・ハシゴ外し” の続きを読む

BBC、韓国の盗撮問題を報道

中央日報の報道です。

<BBCの放送が韓国で起きている「盗撮犯罪」について集中報道した>、とのことでして。

<・・3日BBCのホームページには「大韓民国の隠しカメラ(South Korea’s spy cam porn epidemic)」というタイトルの記事が上がってきた。ローラビーカーBBCソウル特派員が報道したこの記事は、最近韓国で盗撮犯罪が横行しており、年6000件以上の盗撮申告が警察に受理されると伝えた・・

“BBC、韓国の盗撮問題を報道” の続きを読む