謝罪と許し

韓国日報が、「人を許す条件」について記事を書きました。

記事は「上の立場の人の横暴は韓国の伝統だ」という某小説家の言葉(皮肉)を引用しながら、韓国社会では「謝罪するのも、謝罪を受けるのも、許すのも、許されるのも、韓国では本当に見つけるのが難しい」とします。

そして、最後にその謝罪や許しの条件として、こう書いています。

<・・被害者が許す用意ができるまで、続ける謝罪することがその条件だ。光州民主化運動とセウォル号惨事、Metooの犠牲者、加害者には「許しの条件」を適用しましょう。そして被害者が許す準備が整うまで、応援しよう。ホロコースト生存者にドイツがそうしたように。日本軍慰安婦及び強制労働被害生存者たちに日本がそうしないといけないのと同じように>。

http://v.media.daum.net/v/20180705180334199

“謝罪と許し” の続きを読む

「ウリ」に関する1990年の論文から

前にも紹介したことがありますが・・韓国人の心理状態に関して多くの論文を発表した中央大学校の故チェ・サンジン教授が一九九〇年に発表した「ウリ」関連論文を紹介します。

韓国人のウリには次のような特徴を持っている、というものですが、まとめてみます。

・韓国人の言う「ウリ」の特徴は、西洋でいう内集団(個人が所属感を持っている集団)の概念とは異なり、自分自身を集団の中に陥没させる、「脱・自己」で代表される

・西洋人はお互いに分かち合っている(Distributive)共通点から「私たち」を作るが、韓国人の場合、単一体としての(Collective)「私たち」を作る。韓国人の私たち、すなわちウリは、相手の行動を評価する基準にもなる

“「ウリ」に関する1990年の論文から” の続きを読む

個人は民族の所有物?

この前に紹介した「真の韓国人とは」エントリーの続きとなります。

「Comforting an Orphaned Nation(韓国語版タイトルは『海外入養と韓国民族主義』)」のことで、もっと情報を探ってみました。

前のエントリーでも書いていますが、トビアス・フィビネットさんは、韓国のことを「巨大な民族主義だ」と指摘しています。

個人的に注目したのは、本文の(韓国語版の直訳)「属性化」という言葉です。

“個人は民族の所有物?” の続きを読む

「KAL爆破の犯人は全斗煥だ」遺族たちがデモ

1987年、北朝鮮のスパイ金賢姫(キム・ヒョンヒ)氏によって爆破された韓国のKAL858機。

いままで「全斗煥による自作劇だ」という指摘はありましたが・・いまさら、遺族たちが全斗煥氏の自宅の前で記者会見を開き、「犯人は全斗煥」「真相を究明すべき」と主張しました。

聯合ニュースにの記事から部分引用します。

“「KAL爆破の犯人は全斗煥だ」遺族たちがデモ” の続きを読む

心が貧しい

メキシコのリードが2点差になった頃、こんなコメントが目に入りました。

「ところでサッカー勝ってなんだというの?メキシコってウリナラよりずっと貧しいじゃん」

この件は、「ネットの一角でのこと」ということにしてください。いつものように多くの「賛成」を得ているコメントでもありません。

ただ、決して初めて見る意見ではありません。同じ趣旨のコメントが、不定期的に、目に入ります。

“心が貧しい” の続きを読む

韓国、ワールドカップの応援で国旗(太極旗)が消えた

朝鮮日報の報道です。ワールドカップの応援やマーケティングなどで、太極旗(韓国の国旗)が消えた、とのことです。理由は、「特定政治勢力の象徴になったから、忌避されるようになった」、と。

<ワールドカップシーズンの「常連」が1人消えた。大韓民国の国旗、太極旗である。例年はワールドカップが始まる1ヶ月前から街には韓国サッカー代表チームを応援する横断幕や広告などで太極旗を見ることができた。TVや新聞でも、企業が各種のワールドカップ広告を出し、太極旗を強調した。しかし、今回のロシアワールドカップでは、ワールドカップマーケティング自体があまり振るわないこともあるが、関連広告でも太極旗が行方不明になった>

http://v.media.daum.net/v/20180623030234299?rcmd=rn

“韓国、ワールドカップの応援で国旗(太極旗)が消えた” の続きを読む

光州民主化運動のNHK番組を作った韓国人PD「日本人たちに民主化を教えてやりたかった」

ソウル新聞が、NHKで放送された光州民主化運動関連ドキュメンタリーを制作した韓国人PDを取材しました。

6月12日、夜9時にNHKで放送された「あの時、市民は軍と戦った」という番組です。

本エントリーは、番組それ自体(そもそもシンシアリーはその番組を見ていません)や、ソース記事本文に出てくる個人のPDとしての能力に疑問を提起する内容ではない、ということを前置きいたします。

“光州民主化運動のNHK番組を作った韓国人PD「日本人たちに民主化を教えてやりたかった」” の続きを読む

全斗煥氏の回顧録、連続出版禁止でついにギブアップ宣言

518(光州民主化運動)を北朝鮮による暴動だとしている全斗煥元大統領の回顧録「全斗煥回顧録」が、販売禁止となりました。

販売禁止(仮処分)はすでに去年のことですが、出版社はこの本を、一部の部分を塗りつぶして再出版していました。

しかし、それでも別の訴訟が続き、さらに出版禁止となり、全斗煥氏側が「もう出版しません」と公表したわけです。

“全斗煥氏の回顧録、連続出版禁止でついにギブアップ宣言” の続きを読む