朴槿恵政府、日本に強硬発言して実はビビってた?

本ブログで何度かお伝えした「親日派・朴槿恵が、日本への個人賠償権が残っているかどうかの裁判日程を引き伸ばしていた」・・なことになっている件。

今日は、その「タイミング」が面白かったので、紹介します。朴槿恵大統領(詳しくは大統領府)が外交部や最高裁判所などと「裁判の延期」を話し合ったタイミングのことです。

2013年11月8日、朴槿恵氏は「退行的な発言をするいくつかの(日本の)指導者のせいで、韓国民は傷ついている。(日本と)首脳会談をしても、両国関係がさらに悪化するとしか思えない」と話し、日本との首脳会談に否定的な立場を示しました。

・・・ですが、その20日後、こんなことがあったそうです。

“朴槿恵政府、日本に強硬発言して実はビビってた?” の続きを読む

右派支持の脱北者、「危険人物」とされ居場所を失う

5月12日、右派集会を支持したということで「黄色いリボン」を刻まれた脱北者を紹介したことがあります。その店、結局は廃業になったそうです。

詳しく話しますと・・「イルベ」会員たちが参加した爆食デモ(セウォル号被害者たちの断食デモに対するカウンターデモでした)を扱った地上波放送に、脱北者チョン氏が10秒位、映っていました。

チョン氏はいまは韓国で冷麺店を運営している脱北者で、北朝鮮の人権問題を告発するミュージカルなどを制作、海外で公演したこともあります。あと、映画「共同警備区域JSA」の脚本担当でもあります。

この後、店が「黄色いリボン」を貼られるなど、いろいろ攻撃を受けることになりました。

“右派支持の脱北者、「危険人物」とされ居場所を失う” の続きを読む

レナとの出会い、ちょうど4年前

子供の頃、小さな軍人のおもちゃがありました。多分、日本製のものを適当にコピーしたものだと思いますが・・戦車などを使ったジオラマ(背景まで一部を再現したもの)に使われる小さなサイズの軍人模型、と言えば「あ、見たことある」な方も大勢おられるかもしれません。あれを集めて並べるのが好きでした。

70年代~80年代初頭。当時、「軍人」は「偉い人」扱いでした。幼稚園でもたまに「兵役ごっこ(おもちゃの銃で適当な軍事訓練を真似する遊び)」をする、そんな時代でした。多くの玩具が「必要ないもの」「教育上よくないもの」扱いを受けても、軍人関連のおもちゃはOKでした。そういう風潮もあって、学校近くのおもちゃ屋でも軍人模型はすぐ見つけることができました。

ただ、私が好きだったのは「模型」であることだったので、別に軍人でなくても構いませんでした。どっかの名探偵の逆で、私は(詳しくは「私の体は」)大人になっても心は(詳しくは「頭脳は」)子供のままだったのか、様々な模型の類を求めていました。

“レナとの出会い、ちょうど4年前” の続きを読む

米国、南北経済協力に対し「大事なのは民主主義、人権、法治だ」

韓国では大きな話題になっている文在寅大統領の南北経済協力事業の件(鉄道連結など)。

そうですね、いわば「統一大当たり論」とでも言いましょうか・・・って、あれ?どこかで聞いた気もします(笑

で、米国さんですが、VOA(ヴォイス・オブ・アメリカ。米国の国営放送で、北朝鮮問題と関連して積極的に情報を発信しています)から「どう思いますか」という質問に、このように答えています。

“米国、南北経済協力に対し「大事なのは民主主義、人権、法治だ」” の続きを読む

韓国「南北経済協力で韓国は159兆ウォン、北朝鮮は248兆ウォン成長できる」

なんか、急に数字が変わった(朝は170兆ウォンって言ってましたた)うな気がしますが、とりあえず南北経済協力の話が大きな話題になっています。

韓国は159兆ウォン、北朝鮮は248兆ウォン成長できる、という・・なんというか、分析か予言か、それとも未来の未来な上古史か・・そんなニュースが流れています。

韓国は、いまは非核化非核化ビヘクファ(非核化)と言ってるけど、いずれ「朝鮮半島の恒久的平和だけが真の解決策」と言って、非核化そのものをウヤムヤにしてしまうだろう・・そこそこ前から本ブログではそう書いてきましたし、韓国の左派思想を知っている人なら誰もが予想していただろう事態であります。

“韓国「南北経済協力で韓国は159兆ウォン、北朝鮮は248兆ウォン成長できる」” の続きを読む

文在寅大統領・光復節祝辞まとめ

文在寅大統領の光復節祝辞で気になる内容をまとめました。

一番気になるのは、「(北朝鮮との)政治の統一はまだ時間がかかるとしても、平和の定着・自由往来・経済共同体を作ることが真の光復だ」という言葉です。

経済共同体、ですか・・(恐怖

以下、それ以外をまとめてみます。

“文在寅大統領・光復節祝辞まとめ” の続きを読む

法統

本ブログがいままで書いてきたことの中には、他のメディアにもそこそこ広がった(認められた、と思えば嬉しいものですが)事案がいくつかあります。

「反日教」という表現、憲法前文、正統性、臨時政府史観(併合時代は違法)などです。憲法前文を年度別に並べたり、「正統戦隊ワカランジャー」というフレーズを使ったりしましたが、もう懐かしい記録です。

「単一民族による5千年の統治」を言い出した臨時政府。その正統性(legitimacy、統治の根拠・名分など)のこともあって、ほぼ毎年、韓国では「いつ建国したのか」で喧嘩が起きます。もう本ブログの読者の方々には「またか」なネタの一つでしょう。

“法統” の続きを読む

文在寅大統領「慰安婦問題は韓国と日本の外交では解決できない」

慰安婦の日ということで、文在寅大統領がいろいろ話しました。

多分、明日の光復(笑)節の演説で何か言うのではないか・・な気もしますが、とりあえずいくつかチョイスしてみました。

・「両国(日韓)間の外交的解決策で解決される問題だとは思っていない」

慰安婦合意では解決できていないという趣旨を遠回しに言っていますね。

・「私たち自身と日本を含む、全世界が性暴力と女性の人権問題を深く反省して繰り返さないという固い覚醒と教訓にしよとき解決する問題だ」

それっぽい言葉を適当に並べていますが、「永遠に解決は無い」、いや「させない」という意味と見ていいでしょう。なにせ、どんな問題であろうと、「世界が深く反省して覚醒する」ことってそうそうあるものではありません。

“文在寅大統領「慰安婦問題は韓国と日本の外交では解決できない」” の続きを読む