有力大統領候補 イ・ジェミョン氏、「日本極右に警告する。私は『日本は敵性国家だ』とは言ったが、反日ではない」

韓国では、明らかに反日な言動をした人でも、「私は反日ではありませんよ」と平気で主張します。なんと、「日本は敵性国家だ」など露骨な反日発言で有名な、京畿道知事 イ・ジェミョン氏も、同じことを言い出しました。なにがあったのかというと、日本経済新聞が氏を『反日だ』と指摘したのが、ものすごく悔しかったみたいです。イ知事は「日本極右言論に警告します」という文をSNSに載せました。もちろん、『極右言論』とは日経のことです。そして、また、『私は反日ではない。日本に反感を持ったことなど無い』と主張しました。

 

<イ・ジェミョン京畿道知事は2日、自身のSNSで「日本の保守右翼に警告します」と述べた。イ知事は「最近、日本の代表的な経済紙である日本経済新聞が、私のことを、『人権弁護士出身のイ知事は、過去2017年の大統領選挙で韓国のトランプというニックネームで呼ばれるほど、さっぱりした言動と行動力が支持されている。2016年に彼はフェイスブックに、日本は適性国家だ。軍事大国になるなら、最初の攻撃対象となるのは韓半島だと書き、日韓軍事情報保護協定に反対した』と、私を過激な反日人士であると強調しました」とした。

彼は、「日本の保守右翼の立場からすると、私は確かに危険人物であり、上記の報道は事実そのものだけ見れば間違ったことはありません。問題は、なぜ、わざわざ今、日韓軍事情報保護協定の締結を控えて反日感情が最高潮に達していた4年前の文を引き出して、私を反日人士に規定したのか、その隠された意図を問わないわけにはいきません」とした。

続いて「私は再武装と軍事大国化を目指す日本の保守右翼政界を警戒しただけで、日本国民と日本国へ反感や敵対的な考えをしたことがなく、今後も変わりません。日本の政治が本当に日本国民の福祉と国の発展に寄与し、北東アジアの平和共存と共同繁栄の主軸にななり、二度と保守右翼勢力の大陸進出という空想に韓半島の平和と私たちの安全と命が犠牲にされないことを願います」とした・・

・・この知事は「日本の極右勢力に警告します。軍国主義軍事大国という愚かな欲望のために反韓感情を煽り自国民をミスリードすることはもうやめてください。日本が夢見る普通の国家化はお金とイージス艦ではなく、平和と人権の国家的信頼が土台にならなければ不可能です」と言った。また「国家的信頼の回復は、侵略と人権侵害の歴史の反省と心からの謝罪で初めて始まることを覚えておいてください」と付け加えた(ソース記事:ヘラルド経済、外部リンクです)>。

 

「日本への警告」としながら、韓国語で書いた隠された意図は何でしょうか。知事なら、日本語に訳してもらうことも難しくなかったはずですが。多分、「日本の保守右翼の立場からすると、私は確かに危険人物である」、この部分を『韓国内』にアピールしたかったのでしょう。この人、今の所「大統領候補(仮)」支持率No.2です。イ・ナギョン氏が24.6%で、イ・ジェミョン氏が23.3%。これで、次は逆転できるかもしれません。

NO JAPANというフレーズが日本に知られるようになると、韓国側は市民団体を中心に、急に「NO JAPANではなく、NO ABEだよ本当だよ」と主張しました。NOのOを赤い日の丸にしたまま。いまは開き直ったのか、普通にNO JAPANと言うものの、『日本ではなく安倍へのNOだ』という主張は曲げていません。それと同じ心理でしょう。

そもそも彼らは、自分たちの反日が、日本人を傷つけるという自覚すらありません。どちらかというと、日本人への『教育』だとしか思っていません。『反』ではなく、もっと中立的で正しいものだと信じているからです。しかし、なんだかんだで、反日による外交的負担を、韓国は恐れています。言いたいことは言いたいけど、言った責任は取りたくない。そのための策が、『私は反日ではない』です。そう、安っぽい自己防御、言い逃れのための名分作りに過ぎないわけです。

 

 

ここからは、『ブログ関連のお知らせ・・ブログのK(改良)・作業が終わりました』の追記です。該当エントリーにも追記はしましたが、↓の追記分以外に内容変更はありません

・訪問済みのリンクの色が変わるようにしました。ただ、トップページの太い字(記事の題)には効果がありません。既読なのかは右側のサイドバー(スマホ表示だと下)のリンクの色を御覧ください ・スマホ表示で、(二本の指での)拡大・縮小が出来るようにしました ・コメントのページ送り、小さいものだけど作れました ・いままで「自動」丸投げだった広告を手動で調整しています。文章と広告の間にスペースが確保されるように設定してはいるのですが・・うまく行かない部分もあります。これからも調整し続けます

 

<「反日」異常事態>発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

104+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5