フィリピンで「cancel korea(韓国を取り消す)」タグが急増

予定に無かった更新です。

フィリピンで、(韓国側からすると)反韓タグとなる『#cancelkorea』が急激に拡大しつつある、とのことです。発端は、またもや旭日文様でした。以下、朝鮮日報の記事から部分引用します。

・トレンドリスト(TrendListz)によると、9日午後4時現在、「cancelkorea」ハッシュタグの付いた投稿が30万9000個も出ている。フィリピンのネチズンたちが大々的な反韓運動を促し、ハッシュタグを競争的に付けているのが原因だ

・インスタグラム220万、ティクトク1500万人のフォロワーを保有しているフィリピンのインフルエンサー、ベラポーチ(Bella Poarch)さんは、タトゥー映像を公開した。すると「旭日旗を連想させる」「世界大戦を起こした日本を擁護するタトゥーだ」と韓国のネチズンたちが批判を続け、 15万以上もコメントが付いた

 

・ベラポーチさんは「米国の歌手からインスピレーションを受けただけなのに、不愉快な思いをさせて申し訳ない」、「私は韓国を愛している。もう許してほしい」と謝罪した。しかし、一部の韓国ネチズンたちは「フィリピン国民の外貌」「きちんと教育されていない」「背が低く後進国」など露骨な非難を続けた

・すると、フィリピンのネチズンたちが一斉に反撃に出た。彼らはTwitterで「キャンセルコリア」というハッシュタグが付いた掲示物をUPするよう督励し、韓国と韓国ネチズンたちを批判した

・「(朝鮮戦争にフィリピンが参戦したことで)教育を受けていない国がおんたたちの戦争に参戦して100人以上が死んだ」、「植民地支配の歴史しか記憶してないのか」と批判した

 

 

騒ぎは、今も現在進行形、だそうです。実際、ツイッターで#cancelkoreaで検索してみたら、かなりの数がヒットしました。一部は、人種差別に反対するというスタンスを明らかにしてきた韓国の芸能、特にK-POP関連者たちに対しても怒りをぶつけているようです。

韓国には、『教育が届いてないやつ(못 배워 먹은 놈 )』という表現が日常的に使われています。人を見下す代表的な表現の1つで、『シツケができてないな』という、完全に上から目線となります。また、これは韓国語の多くの表現に共通することですが、相手だけでなく、相手の親(子をちゃんとシツケしていないのは、親もシツケができていないからだという意味が含まれている)に対する侮辱でもあります。相手が謝罪したから、もう何をしてもいいと思い上がった韓国のネチズンが、これを英語に直訳しようとしたのでしょう。

タトゥーは、心臓の絵から日差しのような赤い線が伸びているものでした。そう緻密に描かれたものではないけど、一応、心臓の絵なので、画像は載せないこととします。

 

 

 

 

<「反日」異常事態>発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

124+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5