韓国国会外交委員長、対北ビラ禁止法関連で『議会乱入の米国が、韓国に民主主義や人権を訓戒できるのか?』

韓国国会の「外交統一委員会」委員長のソン・ヨンギル議員が、トランプ氏支持者たちが議会に乱入した事件のことで「米国が韓国に民主主義を訓戒できるのか」と話しました。対北ビラ禁止法に関する米国議会の動きを批判する趣旨の発言です。大して言うこと無いなら適当に「大変ですね」とか言えばいいのに、わざわざこんな嫌味を言うこと自体、外交関連の仕事をする人としてダメでしょうに。以下、毎日日報の記事から部分引用してみます。

 

<<ドナルド・トランプ米大統領の支持者たちが米国議会に乱入して暴力デモを行ったことについて、国会の外交統一委員長であると共に民主党のソン・ヨンギル議員が、7日、「米国が大韓民国を相手に、民主主義、人権を訓戒する状況なのか、疑問だ」と批判した。米議会が人権侵害を理由に韓国の対北ビラ禁止法に関する公聴会を開くなど、問題視していることを指摘した発言だ。

 

ソン議員はこの日、YTNラジオ「ファン・ボソンの出発 新しい朝」に出演、「本当に残念な状況であり、同じ同盟国として大変嘆かわしいことだ」と語った。続いて「米国の事態を見ながら、右翼でも左翼でも、極端な思考、憲法を無視してひたすら自分たちだけが正しいと主張することが、どのように民主主義を破壊するかを見せてくれることだと思う」とした。これは先月、国会が対北ビラ禁止法を処理すると、米国政界で米議会公聴会など、民主主義価値の侵害を批判している状況を狙った発言だと思われる。

 

ソン議員はまた、トランプ大統領がデモ隊に解散を訴えながらも、支持者を同調するメッセージを出したことについて二重的だと指摘した。それとともに、すぐにスタートするバイデン政権に向かって、「韓米同盟の真の価値復元が必要だ」「ともに素晴らしく呼吸を合わせ、解決策を探すことを願いたい」とした・・>>

 

 

あまり好きなやり方ではありませんが、「お前が言うな」に「お前こそ言うな」で返してみましょうか。まず赤い字の部分だけでも「お前が言うな」で起承転結が完成しそうですが・・せっかくだからもう少し具体的に書いてみます。

「韓米同盟の価値の復元」「民主主義を訓戒できるか」とか言っているこのソン・ヨンギル氏、つい先月、韓国国会本会議で『米国は核兵器を5000基も持っているのに、なんで北朝鮮とイランは核兵器を持ってはいけないというのだ』と露骨に発言した人でもあります。当時のエントリーはこちらです。8月には、「北朝鮮の日本人拉致問題の解決のためには米朝・南北対話が成功しなければならなかった。しかし安倍が会談を妨害した。すなわち安倍は日本人拉致被害者問題の解決を邪魔したのだ」と主張したりしました。当時のエントリーはこちらです。ソン議員の言う民主主義、韓米同盟、人権とは、いったいどういう存在なのでしょうか。よくわからないけど、少なくとも一般的な自由民主主義国家で言うものとは別のものに違いありません。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5