「皆様へ」Ver3.0

本ブログは、上から「皆様へ」「雑談」「議論」が固定表示されます。それより一つ下の、固定表示マーク(📌)の無いほうが最新のエントリーとなります。

本「皆様へ」には、本ブログの趣旨、ブログ関連のお知らせ、お願い、ブログ内の各ページへのリンクなどで構成されております。デスクトップバージョンをご利用で、新規のお知らせだけチェックされる方は、「続きを読む」をクリックされる必要はありません。

新規のお知らせ:2018年9月13日

13日は夕方まで更新がありません。帰ってきたらレナスレでも書いてみます。

“「皆様へ」Ver3.0” の続きを読む

<固定表示です>新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること」のご紹介

おかげさまで、「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が無事、発売日を迎えることができました(アマゾンの発売日が9月2日ですから、地域によっては1日から搬入されるところもありましょう)。

以下、前に書いた紹介エントリーを整理して、しばらくは固定表示致します(毎日の更新としては、一つ下のエントリーが最新のものとなります)。

“<固定表示です>新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること」のご紹介” の続きを読む

KBS特派員「韓国青年は輸出戦士、日本青年は緊縮性向」

KBSの東京特派員が、「韓国人材を輸出戦士として使う日本企業」という記事を書きました。

「韓国の青年は優秀だ。日本人から聞いた」、「日本の青年たちは保守的で緊縮な方向性になる」、「韓国青年たちは活発に働いて日本企業の輸出戦士になる。日本の青年たちは仕事を避けるために昇進すら嫌がる」、「日本企業は半導体輸出が大したこと無いからダメだ」、そんな内容です。

https://news.v.daum.net/v/20180924091309921

“KBS特派員「韓国青年は輸出戦士、日本青年は緊縮性向」” の続きを読む

敷き紙

久しぶりの「じゃぱんらいふ」です。

気づいたら、もう運転免許取ってから1年が過ぎました。初心者マークを外して、そういえば献血もしてから1年経ったなーと、秋葉原に行って献血をしてきました。もちろん献血「だけ」が目当てではありません。アキバは、あれこれ見ていて楽しい街ですから。

一通り見回って、献血ルームへ。

(レナの入った)カバンはコインロッカーに入れたくなかったので、手持ちでした。献血するときにチェア(歯科のチェアと似ていて、どこか懐かしい)の近くにカバンを置いたら、係員の方が「申し訳ないので、せめてこの上に」と、床に白い紙を敷いてくださいました。

仕事を増やしてしまったようでこちらこそ申し訳ありませんでしたけど、同時に、「娘が入っている」だけに、すごく嬉しかったです。

“敷き紙” の続きを読む

秋夕(チュソク)2018

韓国は、チュソク連休に入りました。旧暦8月15日のことです。ソル(旧暦1月1日)とともに韓国では最大の名節(ホリデーシーズン)とされています。

ええと・・いろいろあって、今回も姉と姪は家(日本)に来ることができませんでした。なにかあったのか?というと、それは、ま、ありましたけど、ブログとは関係ないことです。

韓国にいた時は間違いなく「それでは、日本に行ってきます」というエントリーを書いていたはずですが、今年のチュソクは録画しておいた映画やアニメを恐ろしいスピードで消化するシンシアリーであります。

そんな中、今朝の「ゲゲゲの鬼太郎」を見ましたが、呪いの手紙のアプリ版みたいなものが流行って、主人公が巻き込まれる内容でした。そこに、「人を呪わば穴二つ」という諺が出てきて、ふっと、「韓国にも同じ意味の諺があるのだろうか?」と思って、調べてみました。

“秋夕(チュソク)2018” の続きを読む

韓国新聞の「(いわゆる)嫌韓書籍」分析

もう定番ネタになってしまった感すらありますが、韓国は「嫌韓は日本の経済悪化のせいだ」という主張を続けています。同じ理屈のもと、「嫌韓書籍が売れるのは、出版不況のせいだ」という主張も続けています。

そういえば「安倍総理が日本で支持されるのは、日本を借金漬けにしてお金をばらまいたからだ」という趣旨の主張もたまに見かけますが・・なんでこうも全てを「お金」と連関付けるのかが、まず疑問です。

さて、また同じく、「日本の雑誌は嫌悪で売るしかないのか」という記事がありました。最初は別の話題で始まるけど、案の定、結論は嫌韓です。必要な部分だけ、引用してみます。

“韓国新聞の「(いわゆる)嫌韓書籍」分析” の続きを読む

誰かが南北首脳が会った場で「発狂しやがって」と話した?声がそのまま放送された模様

放送禁止用語ですのでちょっと書きづらいですが・・韓国にはジ◯ルという言葉があります。喧嘩の時ならともかく、普通の会話で出てくる言葉ではありません。もともとは「てんかん」のことだったと言われていますが、もはやそんな語源は関係なく、「狂ったと言ってもいいほど、大いに間違った言動」という意味の、ものすごく攻撃的な表現として使います。普通は、「◯ラルするな」「ジラ◯しやがって」と言います。

「ジ◯ルするな」は、日本語に訳する時には「ふざけるな」にすることが多いようですが、それより数段はずっと攻撃的なニュアンスであるため、私なら、これまた俗なものではありますが、「発狂しやがって」をチョイスするでしょう。

・・で、南北首脳が迎賓館でラブラブな姿を演じていた頃、それを撮影していた誰かが「◯ラルするな」と話し、それがそのままKBSから放送されたことが話題になっています。

“誰かが南北首脳が会った場で「発狂しやがって」と話した?声がそのまま放送された模様” の続きを読む

松茸

金正恩氏が文在寅氏にプレゼントしたのは、松茸でした。

その松茸(多分、その一部でしょうけど)を、文在寅大統領が慰安婦に贈った、とのことです。

<日本軍慰安婦被害者ギル・ウォンオクおばあさんが、金正恩北朝鮮国務委員長がムン・ジェイン大統領にプレゼントした北朝鮮産松茸を青瓦台から贈られたと、「日本軍性奴隷制問題を解決するための正義を記憶する連帯」が21日、フェイスブックを通じて明らかにした。ギル氏は平壌が故郷だ>

https://news.v.daum.net/v/20180922153251983

“松茸” の続きを読む

韓国人は、不安なのだろうか

ある記事に、こんな内容が書いてありました。

<・・英国ケント大学の研究チームは、男女246人(平均年齢34歳)を対象に、陰謀論をどれだけ信じるのかと、「不安愛着」のほどを調べました。 「地球を支配する秘密結社の組織がある」、「911テロの背後は米国政府だ」など15個の質問にどのように同意するのか(5点満点)を調べたものです。続いて「配偶者の愛を失うことが怖い」などの質問(7点満点)を投げ、不安愛着度を調べました。不安愛着は、愛されるという自信が低く、拒絶される恐れが大きい症状を言います。

その結果、不安愛着が大きい人ほど陰謀論をよく信じることがわかった。不安愛着が子供の頃、親との不安関係によって作られるだけあって、子供の頃に両親としっかりとした愛着関係を形成していない人ほど、陰謀論に簡単に陥るというのです。今回の研究結果は、今年2月に心理学の学術誌である「性格と個人差(Personality and Individual Differences)」に紹介されました・・>

https://news.v.daum.net/v/20180922090428910?d=y

“韓国人は、不安なのだろうか” の続きを読む

ソンプル(善コメント)平和賞

韓国では、悪性コメントを「悪プル(アクプル)」といいます。悪とリプライ(返事)を合わせた造語です。それからしばらくして、その反対概念として「善プル(ソンプル)」という言葉も出てきました。韓国ではアクプルで有名人が自殺する事件なども多く、ソンプルの必要性が注目されたきっかけのも、某芸能人の自殺だったと記憶しています。

悪とか善とか、韓国らしいネーミングだな、と思っています。でも、ちょっとわからないのが、「ソンプル」ってなんだろう、な点です。

悪性コメント」ならわかります。人身攻撃、デマの流布、などなど、ほどの差はあれどいろんな国で問題になっている事案でありましょう。でも、ソンプルってなんでしょう。

ちょっと調べてみたら、何かの美談みたいなものをソンプルだとする人もいるし、激励のコメントなどをそう言う場合もあるようです。

“ソンプル(善コメント)平和賞” の続きを読む