悪と悪の戦い

本題ではなく、本題はもう少し後に書いてありますが、ソース記事の内容は、本ブログとしては久しぶりの「ドリューキング(드루킹)」ネタとなります。

捜査を進める過程で、大勢の公務員たちがドリューキングと同じ団体でコメント操作に加わっていた情況が明らかになりました。

もし公務員が参加していたなら、文在寅政権が李明博政権の「積弊」として非難していた国情院や軍サイバー司令部の「コメント部隊」と同じことになります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・警察はドリューキングの余罪を確認する過程で、多数の公務員が会員として活動した情況を発見した。警察は公務員の正確な身分の把握に乗り出す一方、彼らがドリューキングの組織に経済的後援をしたか、コメント世論操作に介入したかなどを確認している。公務員がコメント世論操作に加担またはドリューキング一味の活動を後援した場合、国家公務員法や政治資金法違反の可能性が大きい。昨年の大統領選挙期間にコメント操作に関与したとすれば、公職選挙法違反行為にも処罰される・・

・・警察の内外では、ドリューキングなどがコメント活動でムン・ジェイン政府誕生を積極的に助けたことを掲げ、共に民主党キム・ギョンス議員に人事請託をしたと見ている。大統領選挙期間に公務員までドリューキングの組織的なコメント操作に加担した場合、李明博政府の国家情報院のコメント事件に次ぐ衝撃となるだろう。 「支持者たちの自発的なコメントだった」とすると共に民主党の主張も崩れる・・>

http://v.media.daum.net/v/20180510192326151?d=y

どうでしょう・・事案そのものが、ウヤムヤになってオワコン化するのはほぼ間違いないと思いますが。

 

 

まだ結果が見えてきたわけではありませんが、個人的に、「それは、共に民主党側もコメント操作をしていただろうな」と思っています。

表面的には善悪の戦いを演出しているけど、実は悪と悪の戦いだから、です。

だから、韓国社会では、積弊を無くすことはできません。

積弊とは、「清算すべき社会の悪しき慣行など」を意味します。文政権が始まって以来、韓国社会では流行語みたいになっています。積弊清算!積弊清算!と。

なぜその積弊が無くならないのか?積弊を清算するとアピールしている人たちも、同じ積弊に依存しているからです。コメント操作を積弊とする勢力が、コメント操作に頼っていたとしても、なにもおかしくありません。

ウリとナムの戦いを、大衆に善悪の戦いと見せかけ、相手を悪にすることが重要なだけです。悪を非難するから、ウリが善になれます。

でも、「実は、悪と悪の戦いでした」というオチです。

それでは、積弊の清算は無理です。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン予約開始です!

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“悪と悪の戦い” への118件の返信

  1. まぁ残念ながらシンシアリー首領同志様の予想通り、多少はトカゲの尻尾切りをしてであれ何が何でも力技のゴリ押しで十中八九、有耶無耶にされてしまうでしょうね。

    極左共産主義者は嘘・捏造・改竄・隠蔽・煽動・暴力・暴動・粛清・強権発動・仮想敵創出・情報統制・思想統制&弾圧と悪辣な圧政(悪政)が得意中の得意ですから。

  2. 日本の保守と左派の戦いの様相は、悪と悪ではなく、日本人と朝鮮人の戦いです!

        1. また来たよさんへ

          単純思考の私は、、一瞬ですがノブスケさん顔(知らないけど)豆柴が大豆入り唐草模様の風呂敷を…
          考え方浅い私のアホが全開してしまいました〜

        2. >なつのさん
          >みな’さん

          いずれも大量の豆を連想する辺りが…w

          一度で良いから、ハトに豆鉄砲でも喰らわせてやりたいものですが…無理ですw

  3. 闇が在って光は輝く。
    悪が在ってこそ善は存在しえる。
    1000年の悪の暮らしから、悪は体になっていたんだ。
    私たちは悪と共に暮らしてきた、悪は体なのだ!。
    では、光と善は何処からくるんだ?
    近くに日本が在るからいけないんだ、善と光は日本から入ってくる。
    「風の谷のナウシカ:第七巻」を観ていたら、思わぬ方向へ。
    悪は善を滅ぼし、悪は新しい光となる?。

  4. 数年後の文の姿が見える。(笑)
    起訴されて・・・、終わる。
    正恩は何もせず、自動的に政敵は処理される韓国の国家体制を、唯々眺めていれば、勝ちが転がり込む。
    世界で一番楽な独裁者じゃない?、正恩は。(笑)
    「核放棄」でも、何でも口約束出来るよね。(笑)
    それでも文は、明博と全斗煥を葬り去りたいのか?。
    独裁者は、笑いが止まらんのーっ。

  5. 善悪は相対的な価値観だろうから、「悪と悪の戦い」とは、そう語る第三者からみる主観的な善から見ると両方悪に見えると言うこと。

    結果的に多くの人から悪と悪の戦い、又は善と善の戦いにみえるとしたら、多くの人が第三者的な立場で傍観していると言うことなのでしょうね。

    ところで、
    普通は当事者であるなら善と悪の戦いになるわけだけれど、何故か悪に勝つために更に強大な悪になる必要性をとく人が時々います。
    悪を否定することが戦う大義であるのに、勝つために更に強大な悪になることを正しいとする考え方。

    悪を悪と認識することでは同じ善を共有できるはずなのに、悪に勝つために善を捨てるようなことをいわれても、そもそも守りたかったものを捨てては本末転倒だと思います。

    1. 不思議なことに、日本の唱える善では特亜に利用されるだけで勝てないことを、いつまでたっても理解しない馬鹿がいるんですよ、日本人を騙すために故意にやってるのかもしらんが。

      1. >日本の唱える善

        戦前と戦後だけみても日本の唱える善は違うと思いますが…

        日本の思う善を捨てずとも勝つ方法はあるのでしょうが、殊更に負けだ!負けだ!と語る七誌さんの意見も否定はしませんよ。甘く見るよりはマシかもしれませんが、真実だとも思えないだけです。

        七誌さんの言う馬鹿が多数を占めるなら…
        ・あなたの言う通りこの日本は終わり。
        ・馬鹿の大群に馬鹿というと、「頑なな馬鹿」が出来上がるだけ。

        とくに後者の理屈がわからずに「馬鹿」を気易く使う七誌さんが、私は理解できません。

        1. >「頑なな馬鹿」が出来上がるだけ。

          わたしはそうしているんですよ?
          「頑なな馬鹿」だとわかる人には、誰もついていかないからね?

          1. >頑なな馬鹿

            客観的に見ての話ではなく、七誌さんからみての話です。

            現に、私はさておき、七誌さんが馬鹿者扱いした人で明らかな馬鹿を私は見たことがありませんが…確証はないけれど、七誌さん寄りの意見を持つ方も、そうでない方も、七誌さんが馬鹿だと罵った相手を「本物の馬鹿」だと思っている人は殆どいないだろうと思います。
             

            間違いのないよう訂正します。
            ・七誌さんが思う馬鹿の大群に馬鹿というと、七誌さんにとっての「頑なな馬鹿の大群」が出来上がるだけ。

          2. わたしが馬鹿と罵って、発狂しなかった人も一部にはいるね。そういう方たちは、わたしは一目置くことにしてます。

            それ以外の人は、まあ見てればわかりますよね?

          3. >わたしが馬鹿と罵って、発狂しなかった人も一部にはいるね。

            発狂したか、反論したか、それは特に問題ではありません。七誌さんが誰にどんな評価をしているかは、興味がありません。

            論点がずれてきていますし、いわゆる迷惑行為になってきますので、ここまでとします。

          4. わたしのやっていることを、理解したみたいでなにより。

            迷惑行為と思うのなら、こういうことは「最初から」やめてほしいですね、迷惑ですから。

        2. あと、戦前と戦後の日本の善はまったく同じ、アジアを解放して、経済的に発展させ、欧米諸国を追い越すこと。

          日本は開国以降、戦後70年ずっとこれをずっと続けてきて、これに成功してきたわけ。
          中国韓国という反日全体主義の悪意と歪みは、悪ではなく日本のこの善が生んだ代物なんですよ、だから善では倒すことはできない。

          1. >日本は開国以降、戦後70年ずっとこれをずっと続けてきて、これに成功してきたわけ。
            中国韓国という反日全体主義の悪意と歪みは、悪ではなく日本のこの善が生んだ代物なんですよ、だから善では倒すことはできない。
              
             
            善悪の基準をどこに持ってくるかは置いておいて、「成功」してきたのに負け負けなのですか?

            「中国韓国という…」以降は、何を言ってるのかわかりません。反日全体主義の悪意と歪みが、前述の「日本の善」が生んだものであることも理解しがたいですね。

            それと「善で倒すことはできない」とありますが「悪で倒すことができる」と読めてしまいますが…前述の「日本の善」に対する(善悪を二極化した場合の)悪で「反日全体主義の悪意と歪み」を倒すとは具体的にどういったことを指しているんでしょう?

            私はあくまで「防衛レベルで対処可能」という意味の勝ち負けを語っているつもりですので…「反日全体主義の悪意と歪みを悪の力で倒す方法」に興味がありますねw

          2. もともと大アジア主義とは何でしょう?

            アジアを発展させ、欧米に代わる空間で日本が自立しようという主義ですね。
            ですから、その大アジア主義が成功し、中国韓国を発展させ、肥え太らせて、それにより日本は多額の利益を得てきた。

            一方で、中国韓国は反日国家だ、反日国家から利益を得ながら、反日国家を衰退させることは難しいのですよ。

            一方で、反日国家を衰退させなければ、いずれ日本は日本を悪意を持って衰退させようとする反日特亜に飲まれる。

            経済的に対等、というよりやや負けている現状で、日本は断絶に方針を変えなければいけないんですよ。

            ただ特亜から利益を得ているみずほ銀行をはじめとする人々と、特亜の手先のソフトバンクなんかは、日本人に現状のまま特亜から利益を上げ続けよう、それがなぜ悪い、経済的な発展が何より大切だと、日本人や日本の政治家に吹き込むでしょうね。

          3. 大アジア主義に関しては、いつも拝見していますので、関連したエントリーの時に、七誌さんのスレにて御意見書き込み下さい。

            反日全体主義の悪意と歪みを悪の力で倒す方法」に興味があったのですが、お答え頂けないようで残念です。

            ではこれまでにします。

          4. >反日全体主義の悪意と歪みを悪の力で倒す方法」

            というのは、日本人が特亜に悪意を持って、特亜と断交することです。
            特亜の技術と資本は、日本から持ち出した技術と資本です。

            その資本も技術も流れなくなり、他のアジア諸国に日本の技術と資本が流れるようになれば、特亜は必ず衰退します。

            造船なり、半導体なり、液晶なり、家電なり、特亜が得意とするSAMSUNGとか、すべて元は日本の技術ですからね。

            だから特亜は反日をしながら、「日本と断交を」と叫ばなんですよ。

      2. 横から失礼

        >七誌 さん

         初めて七誌さんの「大アジア主義」の説明が聞けました。メモっておきます。
         でも、途中で意味が変わっていることに七誌さんは気づいているかな。
         最初は、「アジアを発展させ、欧米に代わる空間で日本が自立しようという主義」と言ってる。これは正しい。
         それが途中から変わっている。「特亜から利益を得て」「(日本が)利益を上げ続け(る)」になってる。それで、みずほ銀行やソフトバンクが「大アジア主義」になるわけだ。笑っちゃう。
         後半のは「大アジア主義」じゃない。戦後のアジアはもう独立しちゃってるから。欧米はアジアを侵略してないから。現代のは単なる経済競争だから。

        1. >戦後のアジアはもう独立しちゃってるから。

          戦前もアジア諸国を独立させたうえで、欧米の影響力を排除し、日本の経済圏として活用しようというのが大アジアの構想ですよ。だからフィリピン独立を支持し、インド独立を支持した。

  6. 悪と悪やら善と善の戦い?

    利己主義同士の戦いだと思うんですよね…政局に国民の生活や安全を考慮しているの?(日本の野党も同じ)だだの権力争い(甲乙)
    国民は損得と斜め上すぎる洗脳で右左へ一気に動く、期待を胸に投票しても乙側の人達の状況は向上しない 。当たり前だよね政治家は国民を扇動と洗脳して権力を手に入れたいだけだもの。
    財閥も同じで従業員の事なんて眼中に無く、だだの道具程度にしか思っていない。

    韓国ってそんな国じゃないかと思う今日この頃です。

    1. 日本の反日野党のなりすまし帰化人共の勢力が伸びる!
      それは、彼らの出自が「悪しき隣国:超汚染国」ですからね!
      化粧品のDHCの吉田会長が、
      日本国内の反日なりすまし帰化人共の増加を危惧している声明を出しましたが、日本のメディアは、反日なりすまし帰化人共に、
      完全に乗っ取られているから、無視ですね!

  7. さすがIT強国だ。
    韓国の政治は日本の地方政治、それも市町村レベルの稚拙さを感じる。
    日本共産党に多数を占められた地域のようで、息苦しさをおぼえる。

コメントは受け付けていません。