ソウル市関係者「独立門が『日本からの独立』の象徴なのは、刑務所から近いから」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

随分前から、韓国内でも「それは違う」と指摘されてきましたが・・ソウルにある独立門が、いまだ「反日の象徴」とされています。

韓国では「日本からの独立を記念するためのもの」とされていますが、実は1897年に「清からの独立」を記念して作られたものです。この点は韓国内でも指摘されていますが、それでもまだまだ「日本からの独立」を強調するためのイベントに使われている、とのことでして。

その点について、関係者は妙な理屈で対応しています。去年7月のものですが、以下、ネットメディア「デイリアン」の記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ソウル市が(※2019年7月)20日午後8時、ソウル西大門区にある独立門の前で「ソウル365ファッションショー」を開催する。3・1運動と大韓民国臨時政府樹立100周年の記念行事だ。ソウル市は、日本と対立した独立有功者の家族や子孫100人を観客として招待した。ソウル市の今回のファッションショーのイベントは、日本の半導体輸出規制の強化が触発した国内の反日情緒とかみ合って高い関心を集めている。独立門がこれまで抗日運動の聖地のように考えられてきただけに、イベント会場に応じた象徴性も大きくなる形だ。

しかし、独立門は日本と直接関連がないという意見が歴史学界で提起されている。独立門が抗日運動の聖地のように活用されると、独立門が持っている歴史的な意味が衰退することができているという指摘が提起される背景である・・

 

・・現政府は、独立門を抗日運動の聖地のように活用されている。過去3・1運動100周年記念式でも、市民1000人と独立門で万歳運動再現を開始した。昨年3・1運動記念式では、ムン・ジェイン大統領が市民と独立門まで行進したりした。

ソウル市の関係者は、「独立門が西大門刑務所と近いから」と説明した。「独立門が清からの独立を意味するのは事実だが、独立精神の根は独立門にある」とこの関係者の説明した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190720050002019

 

じゃ、その刑務所で囚人コスプレでもしながらやればいいのでは・・な気もしますが、それはとにかく・・

大統領が行進したりファッションショーしたりしたその独立門、実は韓国が「中国式太極旗」としているものが刻まれている、とのことです。中国式太極旗というより、「大清国属高麗国旗」と書いたほうが、わかりやすいでしょう。結構ネットでも出回った画像ですから。

 

なかなかデザインが統一されなかった太極旗ですが、その中でも、韓国人がもっとも嫌うものが、「清」国で作られたとする「大清属国旗」です。これは、韓国で太極旗を研究する人たちの中では「中国式太極旗」とされ、もっとも屈辱的な太極旗だとされています。

ですが、なんと、韓国にある「独立門」に、この「大清属国」版の太極旗が刻まれている事が分かりました。いまさら、別の太極旗にすべきだとの主張が起こっています。こちらは1月30日東亜日報の記事です。

<「独立を象徴するあの門に、清が朝鮮を卑下する太極模様が刻まれているというのは話になりません」。ソン・ミョンホ文化財庁近代文化財分科委員会専門委員(70・写真)は、ソウル西大門区の「独立門」(史跡第32号)の「太極石の模様が中国式で、点がある」とし「韓国固有の太極文様に修正しなければならない」と述べた・・

・・17日独立門現場で会ったソン委員は「なぜ独立門に朝鮮を卑下する太極模様が刻まれているかは知らない。しかし、民族自尊心を回復する次元で、今でも私たち固有の太極文様に戻さなければならない」と指摘した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200131030318839

 

単に、「清からの独立」を認めるということは、朝鮮が清の属国だったこと、日清戦争で朝鮮が独立国になれたことなど、「事実」を認めなければならなくなります。だから利用価値が高い「日本からの独立」ということにしているのでしょう。そして、ソン氏は「戻す」としていますが、多分最初から中国式だったと思います。あのときは「あの太極旗は固有、この太極旗は屈辱」とか、そんな認識もなかったでしょうし。

あと、独立門の太極旗、上下逆になってませんか?

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5