韓国、光州民主化運動について「芸術・学問・報道のためでも『真実』を否認すると処罰される」法律が発議

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

光州民主化運動(518)特別法の改正案が、国会で発議されました。すぐ通過するのではないかな・・と思っていたので保留していましたが、各委員会の委員長をどの政党がもらうのかの問題で共に民主党と未来統合党が『いつもの』喧嘩を開始、国会がうまく回らないでいます。今日は、その内容だけ紹介します。最大の特徴は、特定領域に関しては『芸術・学問・研究のためであっても、処罰できる』としている部分です。

韓国にはすでに518特別法がありますが、処罰規定が曖昧で、例えば『518って北朝鮮軍が介入したんだよ』と言うと、それは処罰できません。『518に参加したキム◯◯とパク◯◯は北朝鮮軍だった』と言うと、韓国名物名誉毀損で処罰できます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

よって、この特別法を改正して、『ちゃんと処罰できるように』しないといけないと、左派陣営から改正案が発議されたりしましたが、いままでは、改正案が国会で成立したことはありません。それが、ついに、核心となる内容については「芸術・学問・研究などのため」でも処罰できるように、改正案が発議されたわけです。

これから、多分「親日美化禁止」も本格的に動くでしょうし、そのプロローグみたいなものである、とも言えるでしょう。以下、ニュース1の記事から部分引用です。

 

<政府や5・18民主化運動の真相究明調査委員会の発表・調査などを通じて明白な事実と確認された5・18の真実について、虚偽の事実を流布した場合、処罰が可能になるものと思われる。

17日イ・ヒョンソク共に民主党議員によると、民主党は公聴会を開き、立法を推進している「5・18民主化運動などに関する特別法の一部改正案」草案を公開した。この改正案は、イヒョンソク議員が代表発議する予定である(※その後、発議されました。今回国会第一号です)・・

 

・・5・18を否定・誹謗・歪曲・捏造したり、虚偽の事実を流布する行為を禁止するため、強い処罰内容が新設された。改正案には、新聞・雑誌・放送その他の出版物や情報通信網の利用や展示物・出し物の展示・掲示または上映、シンポジウム・懇談会・記者会見・集会・街頭演説などでの発言を通じて、5・18を否定・誹謗・歪曲・捏造する者は、7年以下の懲役又は7000万ウォン以下の罰金に処するした。

ただし、新聞・雑誌・放送その他の出版物や情報通信網の利用行為が芸術・学術、研究・学説、時事事件や歴史の進行過程に関する報道、その他これに類する目的に貢献している場合、処罰をしないことにした。ただしその場合でも、政府(5・18真相調査委を含む)の発表・調査などを通じて明白な事実で確認された部分の虚偽事実の流布の場合、処罰を行うようにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20200617095047107

 

すなわち、ここでいう「真実」とは、政府調査結果のことです。言い換えれば、核心とされる『518は民主化運動で市民には何の罪もなく北朝鮮はまったく介入しておらず悪いのは全斗煥と保守右派と、そして米軍(当時は平時作戦統制権も米軍が持っていました)である』に一切の異論を提起するな、というものです。

いや、しかし、そこに『芸術・学術、研究・学説、時事事件や歴史の進行過程に関する報道』を入れますか。もう『◯◯の自由などくだらないこと言うな』でしかありません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (109)

“韓国、光州民主化運動について「芸術・学問・報道のためでも『真実』を否認すると処罰される」法律が発議” への55件の返信

  1. >>光州民主化運動について「芸術・学問・報道のためでも『真実』を否認すると処罰される」

    これって、『真実』を否認、じゃなくて、『真実』を公にする、と処罰されると言う意味だろう、文在寅とその一味政権に都合のよいように。

    光州民主化運動は、北が操り、そのエージェントたちが煽動したものだとの論考が多い。

    つまり、文在寅たちがなぜ政権を掌握できたのかといったことにもつながってくる話だ。

    そういった話が韓国の民衆・愚民にまで表沙汰、広く知られるようになると大変まずいのだろう。

  2. おはようございます
    悪い意味でスゴイですね、これ
    よく左巻きは「政府官庁は芸術や研究に口出しするな!」と息巻きますが、そのパヨクが政権を盗ったらこんな風に弾圧を始めるのだ、という生きた証拠になりますな
    ここで「じゃあトリエンナーレはどうなんだ?!」と喚く向きもいるでしょうが、あれは「芸術になってない、妄想を元にした単なる誹謗中傷である」で終わりですね
    こちらは、「事実を調査研究し、それを元に発表する」ことすら許されなくなるわけですから、もはや次元が違います

    全体主義者って結局こうなるんだなあ、ナチスドイツでは芸術は基本的に写実主義的なモノに限られ、キュビスムなどの当時の前衛芸術は退廃芸術として排除されましたし、旧ソ連でも結局同様に写実主義以外は弾圧されました (音楽でもクラシック的なモノばかり珍重されたとか)
    結局、気に入らない、理解できない、都合の悪いことやモノは排除する、と言うだけなのですね

    1. ナチスを遥かに超えてると思います。

      なにしろ、
      「現実に立脚したものは、すべて許されない」
      「妄想だけが、正しい」
      ですから。

      「全体主義」と「朝鮮的妄想」が合体すると、こんな凄まじいモノができるんですね。

      音楽に喩えると、
      「音が出る楽器は、すべて許されない」みたいな…
      「王様、このピアノの音は、正しい者にしか聞こえないのです」
      「うむ、正しい我々だけが、この至高の音楽を楽しめるのだな」
      「御意」

      1. >>とろいや 様
        ありがとうございます、そして失礼しました

        確かに、ナチスドイツも旧ソ連も「事実自体は否定しなかった」ですね、都合の悪いことは隠しはしましたが
        対して、こちらはおっしゃる通り「妄想だけは正しい」

        となると、「何が本当に正しいのか分からなくなる」わけです
        何しろ、妄想ってのは基本的に各人の頭の中で構築されますから、外からは完全にはうかがい知れないので
        日本や他の国、地域ですと比較的決まったラインがあって判断しやすくても、韓国じゃあ今後は「何が処罰対象か分からない」という恐怖に常時さらされることになります

        と言うことで剽窃
        「王様、ご指定の音の出る笛をご用意しました」
        「うむ、ぴろろ~~~♪…… このものを処分せよ!」
        「な、なぜでございますか、ご指定通りに作りましたのに!!」
        「チンが耳では、レがレ#であるからだ!!!」
        ……こうして、楽器を製作できるものは誰もいなくなった

    2. そのナチスドイツを否定するための「戦う民主主義」(民主主義や自由主義を破壊する言論の自由は認めない)が、韓国のこうした言論統制のモデルになっているのは、皮肉です。

      「戦う民主主義」は、ナチスドイツやホロコーストがなぜ起こったのかを突き詰めていないので「また、やってしまうかもしれない」という自己への不信から「とりえあず全否定」としていると思うんですけどね。(日本の憲法九条信者と同じ。彼らは「武器を持ったら使ってしまうかもしれない」と思っている。)

    3. トリエンナーレが悪いのは、日本を卑下するのに税金を使うことだ。自費でやるなら、陛下を卑下する自由もあるが、そういうパヨクを日本人がまともな日本人とみなさないのもまた自由ですから。

      日本を上げるのに税金を使うのは構わないが、日本を侮辱する人々には税金を使うべきでない。

  3. 素晴らしい。
    早く「アイツ、親日発言したニダー」と大韓民国人民同士が言い合って粛清される様になるのを切に望みます。

  4. 韓国はどこに行くのだろうか。
    ファシズムにしか見えない。国民の自由と権利を守るために民主主義という体制があるのに・・。
    ヒトラーは政権を取ってから,その経済政策でドイツを豊かな国にした。それで民衆が喜んで,独裁になった。
    文政権は経済を壊して独裁になった。
    未開のアジアかアフリカか。

  5. 日本でもトリエンナーレで「左派は何を言ってもいいが右派は駄目」ってメディアや左派は騒いでたがその遥か上を行く
    移民難民問題やらポリコレ激化から欧米では保守の巻き返しが進んだし日本じゃ数字上では左派政党は泡沫並みになって久しいが、そのおかげか全世界的に左派の暴走が激しくなってる
    時代の変わり目にいるって実感するなぁ

  6. 去年出版された『元韓国陸軍大佐の反日への最後通告』(池萬元・ハート出版)という反日批判の本があります

    著者について「左派勢力による100件を超える訴訟をはじめ賠償請求・暴力・投獄など度重なる弾圧にも屈しない元韓国陸軍大佐、システム工学博士にして憂国の士 反共の先鋒・池萬元が綴る最後の挑戦状!! 」と説明されています

    この本の全7章のうち「第7章 韓国を牛耳る左翼勢力の専横的な歴史歪曲」で光州事件のことを扱っていましたが、著者は光州事件を民主化運動ではなく韓国に侵入した北朝鮮軍の特殊部隊による事件だと主張しています

    この本の最後の「解説」に

    解説<佐伯浩明(元産経新聞編集委員)>

    >本書には紹介されていないが、「5・18光州事件」の二か月
    >前に、在日新聞の『統一日報』が「対南特殊軍事作戦の一環
    >『北』の相次ぐ武装ゲリラ南派  昨年秋から計画  金鉄万
    >上将責任者に」と見出しを立てて北朝鮮の特殊部隊による韓国
    >侵攻作戦を報じている(1980年3月28日付一面トップ)。
    >同紙は「当初の計画では、80年春を目標に大量の武装ゲリラを
    >南派し、“自発的な義勇隊”を装わせ、韓国の地方都市の放送局を
    >占拠するなど本格的な韓国騒乱化を企図するもの」と報じた。
    >光州市での暴動と余りにも符節があった報道である。北朝鮮の
    >工作がなければ、余りにも理解不能なことが多すぎる光州事件で
    >ある。「5・18光州事件」の真相は未だ未解明である。

    もし光州事件が韓国に侵入した北朝鮮の特殊部隊と従北派の韓国人の合作だとしたら、それを知られることは従北派にとっては死活問題なので解明しようとする者に対して処罰に必死になるのは当然だと思います
    逆にもし韓国に侵入した北朝鮮の特殊部隊が動いてなければ必死に処罰しようとする必要はないでしょう

    1. 匿名様
      <逆にもし韓国に侵入した北朝鮮の特殊部隊が動いてなければ必死に処罰しようとする必要はないでしょう>。
      貴殿の考えは甘いニダ!
      南北「超汚染国では、敵の虐殺、粛正は18番ニダ!」
      1950年からの「超汚染戦争」では、最低300万人以上の死者が出たのです!
      北が南下する時、南の人を虐殺、
      南が北進する時、北の人を殺戮、
      その後の、補導連盟事件で殺された数は、最低30万人以上です。
      無能李承晩は、逃亡する時、平気で橋を爆破、自分だけ逃亡ニダ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。