フィリピン、慰安婦像を撤去

更新が遅くなりました。

フィリピン、マニラにあった慰安婦像が撤去されました。撤去と言うか、根こそぎフルボッコされたようです。

いつだったか、ドゥテルテ大統領が日本側の抗議に「私には何かできる権限がない」という趣旨で仕方ないと話したこの像。韓国側の報道によると「繰り返される日本側の抗議で」、撤去され、日本側にも正式に連絡が来たとのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180428141032134?rcmd=rn

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ソース記事のコメント欄に「フィリピンは未開だ」というコメントがありました。未開なのはどちらなんでしょう・・・

 

で、この像が出来た時の記事を見てみると、

<・・除幕式に出席したジョセフ・エストラーダ市長代理人は「私たちは慰安婦を忘れない」という内容の声明を読んだ。ルネ・エスカランて国立歴史委員会会長は、中国の新華通信とのインタビューで、「この記念碑(像の土台になっているモニュメント)は、第二次世界大戦慰安婦たちの記憶を維持するために立てた」・・・「戦争は日本軍によって性暴行された数千人のフィリピンの女性たちに痛みを伴う記憶を植え付けた」と付け加えた・・>となっています。

http://v.media.daum.net/v/20171212142038540

 

フィリピン国史委員会が「現地の民間団体」の支援で作ったとなっていますが・・・・「現地の民間団体」だからフィリピンにある市民団体ではあるかもしれません。でも、それって、「どこの国の人たちで構成された民間団体」でしょうか。両方の記事どちらにも、「現地の民間団体」とだけなっていて、民間団体の名称が出ていません。同じ内容を扱った産経新聞の記事には、「華人団体」となっていますが、韓国側の記事はこれを隠しているようですね(笑

内容が捏造だから形に何の意味もありませんが、ソース記事に写真を見ると、デザイン的には韓国の慰安婦像より100倍はマシな気もします。

 

NEW 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

“フィリピン、慰安婦像を撤去” への50件の返信

  1. ドゥテルテ大統領は以前、日比首脳会談で『来るべき(然るべき)時が訪れた際に我々は日本側に立つでしょう。』
    との趣旨の発言をされていましたから恐らくその時が訪れただけなのでしょうね。

  2. 前に在日の知り合いに聞いた話。
    その人はゴルフとフィリピン女性が好きで良くフィリピンに行くのだが、現地のおねいちゃんの飲み屋で「日本人と韓国人のどっちが嫌い?」と聞いたらしい。
    すると「韓国人観光客は色々とひどいので韓国人が嫌い」「戦争の時に色々した日本兵は韓国人兵が多かった」とか言われてショックを受けたそうだ。
    なお、その頃はまだ学校で教えられた「日本悪い」を信じていたので非常に驚いたのと同時に「ああ、確かに昔は韓国も日本だったわなあ..」と思った次第です。
    なお、20年ほど前の話。

コメントは受け付けていません。