韓国の「朴槿恵退陣」団体、日本の「安倍退陣」集会にLEDろうそく8000本を寄贈

韓国の市民団体が、日本の市民団体にLEDろうそく8000本を寄贈した、とのニュースです。短いので全訳してみます。

<「朴槿恵政権退陣非常国民行動」記録記念委員会は、パク・ソグン共同代表が5日午後6時に東京のハビヤ(※原文ママです)野外音楽堂で開催される安倍晋三総理退陣集会に参加し、市民の自発的な参加で集めたLEDキャンドル8千本を日本総決起運動本部に渡す計画だと明らかにした。記念委員会は「朴槿恵前大統領を弾劾した勝利のキャンドルを日本に伝え、民主主義の連帯を図りたい」と説明した。>

聯合ニュース: http://v.media.daum.net/v/20180605175154464

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

東京のハビヤってどこだ・・というツッコミはおいといて、「朴(略)動」は、朴槿恵大統領の退陣を要求する複数の市民団体の集まりでした。いまは「~記録記念委員会」という団体だけが残っていると聞きましたが、まだ活動を続けていたようですね。

何度か言い切ったこともありますので読者の皆様はご存知でしょうけど、私は安倍総理支持派です。でも、安倍総理を支持しないといけないと思っているわけではありません。他に支持したい人がいたら支持すればいいし、その過程で安倍総理の問題点を指摘するのも大いに「あり」です。つかあって当然です。

私は「好きか嫌いか」にはモノスゴク守備範囲が広い人間です(自分で言うのもなんですが)。ただ、「好きでなければならない、嫌いでなければならない」という概念は大嫌いです。政治家に対しても、「やめろ」というのはあまり好きではありません。「Aはやめろ」より、「私はA氏よりB氏が好きだ」と言うほうが、民主主義的にも、法治主義的にも100倍マシだと思っています。私は、韓国の「朴槿恵やめろ」パターンが、いや韓国人のデモの形そのものが、大嫌いです。どれだけ嫌いなのかというと、朴槿恵よりも嫌いです。

ああいうのを民主主義だという記事を目にするたび、吐き気がします。さらには「輸出」をするとは、これいかに。

 

 

KINDLE版が同じページに移動したようで、リンクを一つに統一しました

 著書関連のお知らせ 

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“韓国の「朴槿恵退陣」団体、日本の「安倍退陣」集会にLEDろうそく8000本を寄贈” への85件の返信

  1. シンシアリー同志様はノサモやパクサモ、ムンスラムがお嫌いなんですねw、
    よく解りますwww。

    日本の反政府・反安倍・反日・反米・反基地(反米軍基地)運動圏勢力は極左・反日・共産主義者・反社会勢力・アナーキスト・暴力革命組織、
    謂わゆる反社会的極左暴力集団と呼ばれている面々であり、
    それらを陰日向となり物心両面(資金・動員・調達)で支援しているのが中朝韓の反日特亜三国同盟だと確信していますし、その証拠として様々な画像から関与の一端が垣間見えます(プラカードや横断幕に朝鮮文字や中共文字(簡体字)表記)。

    沖縄の普天間米軍基地移設反対派による過激なテロでの逮捕者に何名も南朝鮮からの反日反米極左活動家(工作員)が逮捕されている事からも明らかと言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。