韓国の総理が出した「立場文」全文

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

韓国のイ・ナクヨン総理が、総理名義で日本の対応に関して立場文(当面の状況について論じた文)を出しました。

こちらもまた、二つ前のエントリーと同じく、「最高裁判決について」ではなく、「日本の反応について」となります。全文を載せてみます。

日本語としてはの不自然な単語・文章があるかもしれませんが、それは出来る限り直訳したせいです。機械翻訳などは使っていません。

 

<「韓国司法部の強制徴用判決に関した日本政府の態度について」

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日帝強占期、韓国人強制徴用被害者たちに対する大韓民国大法院の判決をおいて、日本政府指導者たちが過激な発言を続けていることに深い憂い示す。

日本政府指導者たちの発言は妥当でもなければ、賢明でもない。

司法部の判断は、政府間の外交の事案ではない。司法部は法的判断だけをする機関であり、司法部の判断には政府が介入しないことが、民主主義の根幹である。日本政府指導者たちも、それを知らないはずはないだろうと思う。

大韓民国大法院の判決は1965年の日韓基本条約を否定するものではなく、その条約を認めながら、その土台の上で条約の適用範囲がどこまでなのかを判断したものである。判決文はそれを明らかにしている。

私はこの問題についての言及を最大限自制し、政府関連省庁と民間専門家たちの知恵を集めて対応方案を用意するために努力している。

日本政府の指導者たちが大韓民国司法部の判断について不満を言うことはできる。しかし、日本政府の指導者たちがこの問題を外交的紛争にしていこうとしたことで、私もそれについての意見を言わないわけにはいかなくなったことを、遺憾に思う。

日本政府の指導者たちの賢明な対処を要望する。韓国政府は強制徴用被害者たちの傷を癒すために最善を尽くすだろう。韓国政府は、韓日関係が未来志向的に発展することを望んでいる点を、繰り返して明らかにする。>

https://news.v.daum.net/v/20181107184714494

 

約束でもしたかのように、各政府機関から日本に抗議する内容の発表が続いています。

この文は、特に「感情的だな」と思いました。まるで、大人が子に「仕方ない。一言叱ってやるか」な感じの内容です。わざわざこんな文を発表する理由があるのでしょうか・・

しかし、去年12月の慰安婦合意検証結果発表の時からずっとそうことですが、文大統領、本当に人の後ろに隠れて、出てきませんね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

178+

“韓国の総理が出した「立場文」全文” への97件の返信

  1. 笑ってしまったぁ
    かつてない崇高な強請の種にケチをつけるなってか?
    お次はいよいよ差し押さえだな。
    そうなれば、南朝鮮は二度と立ち上がれなくなること請け合いだ。
    それでも、日本政府には支那・朝鮮族政治屋が闊歩している訳で
    あるし、南朝鮮への口利き、或いは政府内部の情報を漏らしても
    いるはずであるから南朝鮮が八方塞になるということはないかも
    しれないな。政府はそれで良くても一般人がな・・・。
    南朝鮮への風当たりは強くなるなかもな。

  2. 韓国政府のまるで他人事のような発言が無責任だよなー
    韓国政府は、日本との協定に基づいた個人請求の支払い義務を無視している。韓国の司法判決も然り。
    日本政府から受け取った多額のお金を個人請求に充てていれればなんの問題も無いことだったはず。韓国の急激な経済成長は奇跡でも何でもない。

    1. 追記
       条約の適用範囲は、戦前のもの全てです。 条約に明記されてます。 当然に、慰安婦関係についても適用範囲です。

  3. 日本の弁護士100人って弁護士全体で言えば0.5%もいないんじゃないのかな
    共産主義的思考の人は弁護士、学者になぜか多いね

  4. 昔にもありませんでしたっけ?
    日本を叱ってやるってポーズの声明。
    日本側が反応しないと踏んだ上で国内に格好がついていいんでしょうかねw

  5. 日本の弁護士100人の方がぶっ飛んでるけど、名前は公表されたんですかね?
    「悔しい」だけで国家を転覆したい人達は。

    1. (資料)

      余命三年時事日記
      『 2724 元徴用工の韓国大法院判決に対する弁護士有志声明 』
      ・http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/11/09/元徴用工の韓国大法院判決に対する弁護士有志声/

      ※ 名前は下の方に記載があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。