韓国政府、またコロナ19関連で「選挙のための」フェイクニュースか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

朝鮮日報が、「~外交部のフェイクニュース」という題の記事を載せました。知っていたとはいえ、凄いことがいろいろ書いてあります。

以下、部分引用してみます。

<政府が「国内コロナ診断キットが米食品医薬品局(FDA)の「事前承認」を受けた」と発表したが、「偽ニュース」論議に包まれた。政府が4月の総選挙を控えて、「韓国防疫が世界最高」と宣伝するため、結論もまだ出ていないFDAの診断キット承認件を、ちゃんと処理されたかのように膨らませて発表したという指摘が出ている。コロナ関連企業の株式が「テーマ株(※案件に関連した会社の株)」とされ、毎日のように揺れ動く株式市場で、政府のあまい発表に関連企業の業務に大きな混乱が生じた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

外交部は28日、報道資料を出して 「去る27日、私たちの国産診断キット3つの製品の、FDA事前承認が、異例なほど早いペースで行われた」と述べた。また「(過去24日)韓米首脳通話でムン・ジェイン大統領がトランプ大統領の要求に応じて、国産の診断キットの支援の意思を表明し、これにトランプ大統領がすぐに承認されるように関心を持ち、その後続措置の結果と評価される」とした。しかし、29日午後6時現在、コロナ診断キットのFDAの「緊急使用許可(EUA)許可リスト」には、国内企業は一つもないことがわかった・・

 

・・大統領府は17日にも、「国内診断キットをアラブ首長国連邦(UAE)に輸出した」と広報したが、契約物品がキットの一部である輸送容器である点が明らかになり、「誇張発表」という指摘を受けた>。

https://news.v.daum.net/v/20200330033536739

ちなみに、記事によると、米国に輸出している製品もあるにはあるけど、それは米国の研究所の独自判断によるもので、FDAは承認していないとのことです。金融市場では、「政府は、株価操作のためにわざとデマを流す勢力(いわゆる作戦勢力)と同じだ」と不満が聞こえる・・とも。

 

中国が人口の月を打ち上げるという話がありました。2020年を目処にする、と。2020年が待ち遠しいです。それを、英語圏では「フェイク・ムーン」と呼んでいました。今回のエントリーとは関係ありません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5