「文春オンライン」で紹介されました

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

新書版『なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(扶桑社新書)』が、文春オンラインで紹介されました。

#その1・<「返してほしければ、お前が『下』であることを示せ」なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか

#その2・<金を借りるのは当然の権利……韓国に蔓延する「ウリ意識」の底にあるものとは?

ぜひ、お読みください!(・∀・)ノシ

ちなみに、#2の最初のページにある絵の韓国語は「契約書(계약서)」と書いてあります(笑

 

↓以下はいつもの「拙著関連のお知らせ」ですので、PCでご覧の方々は「続きを読む」をクリックされる必要はありません

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。5月10日の文春オンラインで紹介される予定です!

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (160)

23 Replies to “「文春オンライン」で紹介されました”

  1. カイカイに載ってますよー。
    韓国人コメントがヒートアップしてて面白いですが、
    「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」について反論してるコメントが一つも無いのが最高に面白いですwwwwwwwww

    1. >ふむふむさん
      ホント、「韓国人は、借りた金は返すぞ!」っていう韓国人のコメントが一つも無いのが、傑作w

  2. 韓国で注目されるのは当初の本懐であるのでしょうが
    文章のテーマがまともに伝わってる気配がないですね。

    日本と韓国の交渉が思ったようにまとまらない原因、
    約束という価値観の視点の差を書いてたはずなのに
    韓国メディアも韓国ネチズンもそこは全力スルー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。